住宅地に現れたトスカーナ的風景
e0275785_024033.jpg
おお、干し草ロール! いかにもトスカーナ地方の風景?
e0275785_0221289.jpg
実際は住宅地のど真ん中です
 
ここにはスポーツ施設が建設されるという話を何年も前に聞いたけど 
今年はこんなものが出現して驚いた~
e0275785_023877.jpg
隣にヒルトンホテルがあるという不思議な光景




ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-30 00:31 | フィレンツェ&近隣 | Comments(4)
サマー2013 !?
e0275785_6333977.jpg
6月28日 今日から野外映画がオープン!
例年なら今の季節は昼間の暑さを忘れて
涼みながら映画もええわ~てな感じですが...
e0275785_6335276.jpg
見に来た人の服装はこの通り
今日は結構寒いと思いますよ~
e0275785_6333542.jpg
私達ははパンフをもらいに来ただけ
プログラムはネットで見ることができますけどね
アナログ人間の夫はこれが好き

以前は大きな紙に上演作品の簡単なあらすじまで
書いたプログラムだったけど、数年前から
日付とタイトルだけ書いた手のひらサイズに
なっちゃった。
e0275785_6334786.jpg
これは昨日 レプブリカ広場で
カーディガンを着て行けば街中なら大丈夫かなと思ったのに
寒くてたまらずさっさと帰ってきました
e0275785_6335864.jpg
これも昨日 なぜこういう格好で平気なのだ~

来月からまた電気代値上げだそうですが
エアコンを点けなくていいのでそこは助かるかな
ヒマそうにしていたジェラート屋さんには気の毒だけど


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-29 06:33 | 暮らし | Comments(4)
本屋さんでベジタリアン?
e0275785_18241069.jpg
Tボーンステーキ、つまり肉で有名なフィレンツェですが
ベジタリアンレストランも何軒かあるらしく、時々話題に上ります。

夫も誰かに聞いて

「その店は本屋だけどベジタリアンレストランでもある」

と妙なことを言い、私は半信半疑。

ベジタリアンではないが野菜好きな本人
数か月前に予約をしようとしたら、

「土曜日は1カ月ぐらい待たないとムリらしい」
なんて、そんなに人気なの? 

まあスペースが限られているせいもあるらしいけれど
先月はうまく予約がとれたので行ってきました

確かに本がいっぱい。照明はテーブルのろうそくのみ
料理がなかなか上手く写らない
e0275785_1825344.jpg
単品でも頼めるけれど、一つのお皿に3種類盛る「トリスTRIS」
というのにしてみました。それぞれの料理名は下に書いておきますね。

ベジタリアンというともっとあっさりした味を想像していましたが
家で作るよりむしろ濃厚でした。

まあ私が関西出身なので特にそう感じるのかもしれませんが
「豆腐のナニナニ」みたいな変わった料理があるのかな?
と思ったけどここのは肉を使わないイタリアンて感じかな?
e0275785_18241894.jpg
お店の雰囲気も人も落ち着いていて良かったですよ
「普通のレストランより静かだ」なんて言ってましたが

そこは土曜日のこと、それぞれのテーブルでお客さんの
おしゃべりが段々大きくなってきて最後には結構うるさくなって
ました。まあ週末はこうでなくてはね。


e0275785_18444344.jpg”Brac” via dei Vagellai , 18/r Firenze 0550944877








シニョーリア広場からサンタクローチェ方面に向かうネーリ通りの近く
こんな所におこういうお店があるとは友達に聞かなければ
わからなかったでしょうね


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング

e0275785_1824995.jpg
選んだメニューは上の写真が
トマト、じゃがいも、豆入りサラダInsalata ti villaggio
カレーペーストのパスタMezzemaniche al pesto di curry
ほうれん草とパルミジャーノのクレープ包み
Fagottino con spinaci e parmiggiano

下の写真
かぼちゃ入りバスマティーライスRiso basmati e zucca
なしのカルパッチョ&チーズCarpaccio di pere e formaggio
ほうれん草とパルミジャーノのクレープ包み

それにオーガニックビールとガルダ湖近くで作られた
白ワインをグラスで(ワイン名は忘れちゃった)
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-28 18:48 | 料理とおやつ・キッチン | Comments(2)
薬でハイな義母
e0275785_1722129.jpg
この小さくて可憐な花。何かわかりますか?
e0275785_1722412.jpg
ペペロンチーノ!
e0275785_1721572.jpg
義母の「お隣さん」が種から育てたそうで
こんなに大きくなっていました。
まず青い実が付き(黄色の矢印)それから赤くなる

さて、義母は最近元気が有り余っているのだと言います

「もっと他にやることは無いの?ワァー!!」

という感じだそうで

「コレステロールを下げる薬を飲んだら、それに色々な
ビタミンが配合されていて、そのせいだと思う。」

と聞いて一瞬、「それ私にも飲ませて~」と言いたくなったけど

しかしそんな薬大丈夫なんですかね?

「夜は眠れなくなってしまうので昼間だけ飲むようにしている」

と聞いてやや安心しましたが...

何しろ義母が元気でいてくれることは家族にとっては
それだけで「贈り物」のようなもの。...だから~

「(夫の)従妹のおさがりのスカートを持って行くか?」って
いや、いりませんて~

義母は若い頃そういう仕事をしていたとかで、縫い物、リフォーム
が得意。しょっちゅう親戚から不要な衣類をもらっては直し、
自分で着たり、人に上げたりしています。

とにかくスカートは何年もはいたことがない私。
着ないと思うけど1枚だけもらってきました。
それに夫の従妹は身長170cm! 
e0275785_17221486.jpg
この長~いスカート、身長156cmの私が着てみたら
ぎりぎり くるぶし丈でしたわ 着るのかな?さあ~??


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング


e0275785_18172317.jpg
「イタちゅうゴスペル日記」
音楽関係の記事はこちらに書いています。過去記事も移転しようと作業開始...しましたけど、こりゃけっこう大変だわ
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-27 17:28 | 家族 | Comments(2)
サボテンと夫と近所の奥さん
e0275785_1643838.jpg
さ~てサボテンの花が咲くシーズンですね~
家にこういう多肉類がたくさんあり夫が世話をしています。

今年は古くなった棚を付け変えようと思っていた矢先
...落ちた そして割れた
e0275785_165660.jpg
右は新しくとりつけた棚。素焼きの鉢の方が植物には良いらしい
のですがあまりに重いのでプラスチックも採用です
e0275785_1652964.jpg
さらに、数が増えてしまったサボテンのために
古いテーブルや椅子を利用して置き場を増やした夫

この後、サボテン仲間である下の階の奥さんが見に来て
ウチにはない種類の株分けをしてくれるというので夫だけ
奥さん宅へ降りて行った。

これがなかなか帰って来ない...またか...

1時間以上経つな...と思っても携帯に電話したりしません
ましてや、呼びに行って妙なことになってたらイヤ
なので行かない。

....と思ってたよ と話すと本人は笑ってましたが
結局は奥さんのおしゃべりに付き合って長くなっちゃった
だけで、あまりに長いので

「今度は携帯に電話してきてくれ」とのことでした

e0275785_1654195.jpg
この時 奥さんがくれたのはこれ。1週間でこれだけ成長
これも大きくなるんだろうな~


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング


e0275785_18172317.jpg
こちらも更新!「イタちゅうゴスペル日記」
コンサートは大成功!なのに落ち込む私 なぜ!?
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-26 16:14 | 動物 植物 自然 | Comments(2)
それでも食べちゃう「スシ」
e0275785_1315436.jpg
中国人経営と分かっているけどたまに行ってしまう
「ジャパニーズレストラン」

和食というよりは「和食風中華」とでもいうか...
「禅」とか「Sushi」って書いとけば日本だあ~!?

まあ行きたがるのは私よりイタリア人の夫の方ですが
この写真はフィレンツェじゃなくてもうちょっと田舎の町です
e0275785_1315489.jpg
フォークで食べる焼うどん やけに塩からい
でもまあ寿司だけはマシな店も多いしと思っていたら
e0275785_13163563.jpg
なーんとシャリが甘すぎ。なんでぇ~
でも食べましたけどね。

↓ こちらはフィレンツェ。ただしレストランじゃなく
お持ち帰りやケータリングをやっている所。
e0275785_1316913.jpg
何となく並べ方が雑ですよね
味はともかくシャリが温かくて「?」

「寿司ってこんな物だっけ?」
などといいつつ食べちゃいましたけどね~。

これより数段美味しかったのが今流行りの
寿司つきビュッフェでした
e0275785_13172436.jpg
ここでは本気で食べました。右下は友達のお皿で、
私が取りに行った時はこんなのなかったよ~
などといいつつ、レンコンを久しぶりに食べて喜びました。
e0275785_13181848.jpg
ICHIBAN ristorante sushi wok Viale Lavagnini 20°
広い店内がなかなか賑わっていましたけど 
こういうお店が今人気なのかここ2号店なんですね 
近くで働く人がランチに来ているようでもありましたよ

近くの席にイタリア人らしき男性がサーモンのお寿司ばっかり
何回もおかわりして食べてました。もう帰るのかなと思ったら
オレンジ色でいっぱいのお皿をまた持って来た!

他に色んな料理があるのに、よっぽど好きなんでしょうね。
イタリア人と思ったけど実はノルウェー人だったのかも??



ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-25 13:34 | 料理とおやつ・キッチン | Comments(4)
悪口の方が良く聞こえる?
e0275785_17351423.jpg
バス内部 よくある落書き...
こういうバスに乗り定期検診を受けに行った帰り途のこと

インド系移民と思われる若い男が大きな段ボール箱2つを持ってバスに乗車してきました。箱の中には赤いバラがぎっしり。これを街中で売るんだろうなと思われました。

しかし降りる時にドアが開かず、本人は何か言っていましたがイタリア語で「開けてくれ」と言えないようでした。乗り口と降り口は別になっているんだけどこの大きな箱を持っていては移動もできないでしょ。

見かねたイタリア人が代わりに「後ろのドアを開けて頂けませんか」と大声で言ったもののバスはそのまま発車。聞こえなかったのかな?

そこで若い男はぽそっと「クソ運転手」と発言。
(そういうイタリア語は知っとんのかい)

するとバスは再び停車。(そっちは聞こえたんかい)

ドアを開けてもらって男は「ありがとう」と言うでもなく降りて行き、先ほどのイタリア人は「もう一箱降ろさなアカンからもうちょっと待ってやって」と運転手にたのんでやり、あくまで親切でした。

他の乗客もこんな大きな箱をもってバスに乗っちゃだめでしょという人も居ないし、だからと言ってイタリア語はまず悪口を覚えましょうという話でもないですよ~
e0275785_1730420.jpg
これは行きのバスでの写真
フロントガラスにカタツムリが!!
e0275785_17295941.jpg
ズームで撮ると「空飛ぶカタツムリ....」
ああ~もうちょっと近くで撮ればよかった
でもバスの中で転んじゃ大変だしね~

私としてはこっちがちゃんと「下車」できたのかどうか
そっちの方が気になるところです。





ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-24 17:32 | イタリア・イタリア人 | Comments(0)
丘の上の教会で結婚式
e0275785_22391963.jpg
6月の始め、コーラスで一緒に歌っているソプラノさんが結婚式を挙げ、私も古いメンバーの人達と一緒に歌ってお祝いしましたよ~
e0275785_22392417.jpg
フィレンツェから車で30分も走ると丘の上。手前はオリーブの木です。
この頃は雨が続いていたのですが、この日はこの通り快晴で良かった良かった。
e0275785_22395283.jpg
教会入口。 壁の感じを見るとけっこう古そうな建物です

さて、参列者としてどの程度の格好をしたらよいのか皆に聞くと
エレガントとカジュアルの中間ぐらいで良いらしいと分かりましたが、

普段はジーンズにスニーカーのわたくし、以前に他の誰かの結婚式で着た明るいピンクのジャケットはもう恥ずかしくて着られないと思い、

買ってきたのがグレーのジャケット。
これに黒いパンツをはくとまるで法事に行くみたいな格好。

地味だわ~。などと言いつつオープントウの中ヒールの靴も近所の靴屋さんで買って来ました。前日に苦手な美容院でカットもしてもらい
やれやれなんとか準備完了。

普段こういう格好はほとんどしないので珍しがられ、テノールさんと腕まで組んで記念写真を撮ったのがこれ。
e0275785_22395617.jpg
新郎新婦の席。ここにひざまづいて「イエス」と言って指輪の交換。
神父さんが「これでこの二人は夫婦になりました」と言う所がやはり
一番感動的なシーンですね。

気が付いたらコーラスの女性何人かが本格的に泣いていて、
鼻をチーンしたり、「ティッシュ持ってない?」なんてやってましたが...

大体これ50代以上になるとこうなっちゃうんですね。私は大丈夫でしたけどね~ティッシュはいつも持ってます。
e0275785_2240144.jpg
花嫁きれいでしたよ~式も無事終わり出ていく新郎新婦を歌いながらお見送り。この曲が終わると、「早く外に出て写真撮りなさいよ~」
と言われダッシュ。
e0275785_2240653.jpg
いや~でも人が一杯で背の低い私にはこれが精いっぱい。
これは両手を上に上げて見ないでシャッター押しました。
ライスシャワーで目をあけていられない二人。

結婚のお祝いは何がいい?と聞くと新婚旅行の費用をみんなでそれぞれ好きな額を直接旅行代理店に払う仕組みになっていて、無駄なプレゼントをせずに済んでなかなか良いですよね。行き先は米西海岸を中心にただいま満喫中みたいです。

ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-23 22:46 | イタリア・イタリア人 | Comments(4)
夏の風物詩 踊るシニア
e0275785_17342924.jpg
屋外のこの会場で 推定60歳以上と思われる方々...
何を待っているのでしょう
e0275785_17344398.jpg
これ! バンドの演奏が始まるとダンス!
こうして外で踊る風景って夏の定番ですね。
e0275785_17343910.jpg
いわゆる社交ダンス。曲は60年代の「歌謡曲」とでも言うか
口ずさみながら踊っている人もいました。
男性は背筋がピーンと伸びているのがなかなか素敵でしたよ~
e0275785_17335165.jpg
段々踊る人が一杯になって来て、これはチャチャチャをみんなで
踊っている所。ダンスは全くわからないのですが、バンドのお兄さんが

「次はチャチャチャですよお~!」

と叫んだのでそうなんだと思いますが...

見ているとけっこうな運動量で、みなさん一晩で私の一週間分ぐらいは消費しているんじゃないかと思われました。

なるほど痩せている人ばっかりのはずだわ。
私も夫もこいうのは全く踊れないので残念。
盆踊りなら踊れなくても参加しますけどね~





ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-22 17:38 | 長寿・お年寄り | Comments(4)
マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(2)
e0275785_1673920.jpg
ご近所のラベンダーに止まる蝶が羽根をパタパタ。
わー1枚だけ撮れたわ!!

 ↓ ここより 5月に自費で受けたマンモグラフィーの記録 続きです

2009年に手術したのと同じ左側にわきの下から時に背中側までピリピリと痛い時があり、検査当日にはしこりらしきものを見つけたので

「検査のあと1カ月後ぐらいに手術か...」
「今度は乳房全部摘出かもしれない」
「最悪、身辺整理の時間ぐらいあるだろう」
なんてことを考えました

でも以前の手術後放射線治療もうけたのに
また出来るなんて?まあ半信半疑といったところ

マンモグラフィーは痛いけど、他の検査と違って絶食しなくて良いのがいい所。と自分をなぐさめながら検査に向かいました

何しろすぐに検査の予約が取れて、しかも手術をした時も、去年も診てくれた先生に受診することがわかっているのだし

「あの先生笑わないのよね~」なんて患者さんには言われているが
私としては信頼している女医さんです

さて、行ってみると予約をまちがえて来たのではと思う程待合室はガラガラ。通常なら番号が点滅したり録音した音声で呼び出されるのに、
この日は女医さん直々に奥から出てきて

「あなたの番ですよ。以前にお会いしましたっけ?」と言いながら
にっこりとして握手を求められ、一瞬「これがあの先生かいな?」
と目を疑いました。

なーんとこれがLibera Professione(自費での受診)の威力か??
この制度で受診すると直接先生の収入アップになるんだろうなということが想像できました。

いよいよ診察ですが通常と違い看護師は居ず、先生ひとりですべて行われました。

マンモも技師でなく先生がやるんですか?へぇ~ イテテ! 先生 !
スイッチ押したら早く戻って来て~挟まれた胸が痛い~!!

その後エコー。ここが肝心なんだけど、この検査でやはり、わきの下のしこりが確認されました。そうそう、これを見つけてもらわなくては困る。

「リンパ線が腫れているようですね。ここに炎症が起きるような何か心あたりは?問題無いと思うけど念のため検査しておきますか?」

と言われその場で針で組織を一部取り検査に回してもらうことにしました。

「別の日に検査することもできますが今やりますか?」と先生は2度確認したのだけれど、これは「今やるとこっちも実費ですよ」という意味。

しかし別の日にまた予約をとって どれくらい待つのかと思うと今すぐやってもらうに限る。針を刺されるのは痛いかと思ったけど大丈夫でありました。まあこの検査も初めてじゃないしねと強がってみる。

経験上、「検査結果が出るまでには日数がかかるものでしょうね?」
と聞いてみると「いえ、4日ほどで結果が出ますよ」とのことでこれまた驚きました。

会計ではやはり用意してきた金額では足りないわ~なんて言っていると「ここでの支払はBANCOMATのみです」との事。これデビットカードのことですが持っていない人はどうするのかというと、ここで用紙をもらい郵便局などで振り込む仕組みだそうで面倒ですね。

私はめったに使わないけど念のために持っていたカードで暗証番号も忘れずにいて良かった良かった。金額は円で言うと何万?とすごかったけど。

実際に1週間もしないうちに携帯に

「検査は陰性でしたからね、いつでも結果を取りにきて下さい。」

と先生からじきじきに電話があり、「良かった」と「ほんまかいな」が入り混じった気持ち。ああでもやっぱり良かった。

言われた通り受取に行くと待合室は検査待ちの女性で超満員。これが普通なのだなぁと改めて思いながら受付に行くと、検査結果をもらう時間帯は別に設けられていて私はみごとにはずして行ってしまったことに気づきました。

「出直して来い」と言われるかと思ったけど時間をかけてここまで来たのだし

「先生からいつでも取りに来るように連絡いただいたんですけど」と恐るおそる言ってみると、その場であっさり結果をもらえたのでした。

去年のマンモグラフィーは結果と診断書をもらうのに1カ月待たされたことを思うと、はぁ~最後までVIP扱いなんだと感心。

建物を出る前に、マンモグラフィー(レントゲン)のフィルム、エコー、
組織検査の結果がすべて診断書に書かれているか確認して...
これでおしまい。

その後ピリピリとした痛みは??自然におさまったらしく
私の何百ユーロと一緒にどこかへ行ったみたい。


関連記事
◆  マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(1) 2013/6/20
◆  マンモグラフィー ありゃ結果は一ヶ月後?  2012/5/12
◆   オッサン女医? 胸部エコー検査終了  2012/5/25
◆  乳がん関連記事 ◆まとめ◆




ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-21 16:14 | イタリア乳がん体験 | Comments(4)

フィレンツェちゅうねん生活サバイバル~ できるのか?日常&病院体験/ ふぃのな
by finonow
カテゴリ
プロフィール
ウォーキング
音楽 うた ゴスペル
暮らし
鳥 とり
動物 植物 自然
イタリア・イタリア人
長寿・お年寄り
フィレンツェ&近隣
料理とおやつ・キッチン
家族
実家
イタリアの医療(フィレンツェ)
健康・体調
イタリア乳がん体験
イタリア子宮全摘手術
イタリアで胆石手術
コルトーナ2012 8月
生き方
最新の記事
せっかく痩せたのに~
at 2017-09-17 20:36
クリーニングは気長に?
at 2014-11-03 16:55
自家製オリーブオイル今年はナシ
at 2014-11-02 02:49
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
at 2014-10-31 23:48
あと5年間マンモグラフィーの..
at 2014-10-29 01:57
夏時間終了で時差ぼけ?
at 2014-10-28 07:38
「世界一醜い」と言われた女性..
at 2014-10-27 23:32
中国人街に行ってみた
at 2014-10-25 00:05
以前の記事
2017年 09月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル

" grey frame" Skin
by Animal Skin