<   2012年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
手術当日 胆石体験5
e0275785_18234953.jpg
イタリアでの胆石手術体験談(2010~2011年) の続きです。

<6.入院・手術 >
胆石の手術をしたという経験者は周りにけっこう居たし、今回はお腹を切るのではなく簡単に言えばいくつか穴をあけてそこから取り出す腹腔鏡手術(内視鏡手術)なので病院に一泊すれば帰れるということも分かっていたし、あまり心配することはなさそうでした。

とはいうものの手術は手術。全身麻酔です。前日にいやいや荷造りしてパジャマなどを詰め病院に向かいました。時間的には大体こんな流れでした。

7:00 病院に到着
8:00 ごろ 受付
15:30 手術準備室に入る
19:30 ごろ手術終了

待たせる受付
午前7時に病院に来るように言われていたので朝早く夫に車で送ってもらった。1月末のことで、フロントガラスの霜とりをしてから出発。

受付には5-6人の人が待っていて全員7時に来いと言われていたらしい。一人ずつ順番に呼ばれ、私が実際に受け付けてもらえたのは8時ごろ。私より後の人は9時近くになったと思う。

このあたり、もうちょっと患者と家族への配慮をしてほしいものだと思った。手術を控えてただでさえストレスを感じているのに。

受付での質問
以前に同じ病院で手術を受けているので、名前 住所などはすでにコンピュータに登録されている。
タバコは吸うか、普段飲んでいる薬は何か など、いつもの質問のほかに、麻薬を使っているか、尿、便モレはあるか 最後の便通はいつか などを聞かれて何とか答えて終了。宗教も聞かれた。

病室で 
今回は二人部屋 トイレも部屋にあるし TVまである!まあ見なかったけど、前回の大部屋とは大違い。

ミニスーツケースから荷物を出しているとすぐに看護師さんが来てヘアーを剃られた。
 「化粧、マニキュア、入れ歯はしていないですね」と確認し、
「呼ばれたら 白のTシャツだけ着て No panty で手術室に入るように」と言って去って行った。

この後ボランティアの人や教会関係者が来てた どっちも男性
皆白衣を着ているのですぐには誰かわからない。

同室になったのが若い女性で、子宮筋腫の内視鏡手術を終えたとのこと。かなり不機嫌で、「私は胆石の手術です」というと、

「胆石なんて何でもないわ!」と言い放ち、
「私だって去年子宮を全摘出したんですよ」というのもすでに聞いていないようだった。やれやれ。でも中高年とは違って携帯電話はマナーモードにしていたのがせめてもの救い。

しばらくしてあいさつもせずに退院して行ったけど、迎えに来ていた弟らしい青年がすまなさそうに「チャオ」と手を振ってくれた。
e0275785_18235488.jpg
いよいよ呼び出し
15:30頃 手術室に来るよう呼びに来た。 ここで家族に連絡し、「時間がかかるだろうからゆっくり病院に来てくれたらいいよ」と話す。

手術室に入る前の準備室で1時間ぐらい待ったような感覚だった。
手術台に乗せられると麻酔が入り、外科医の顔を見ないうちに気が付いたら終わっていた。

19:30頃 病室に戻る。夫は16:30頃来て 本を読みながら3時間待ったとのこと。病室には若い子と入れ替わりに年配の女性が入院して来ていた。

ちょっと気持ち悪い。目が覚めた瞬間とても寒く ふるえた。
靴下をはかせてもらったりしたが寝ていると暑くなった

病院での一夜
夜中に気分が悪くなり、点滴をはずしてもらって自分でトイレへ。
ベッドの横に回ったら「こりゃだめだなー」と、またトイレに戻り吐いた。

寝たり起きたり 朝までは..まあー長かったかな?
トイレにも何回か行った。

朝になると体温を測りに来て、血液検査 血圧 心拍数 も見ていた。
その後朝食(というほどのものではないけど)も食べることができた。

続く

◇関連記事◇
渡伊直前に胆石が見つかったら?  胆石体験1
そう言われれば痛かった  胆石体験2
家庭医に手術をすすめられる  胆石体験3
手術をしばらく延期してもらう  胆石体験4
退院と「マイジュエリー」 胆石体験6
退院後の検診 胆石体験7

ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村     人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-29 18:37 | イタリアで胆石手術
手術をしばらく延期してもらう  胆石体験4
e0275785_18551353.jpg
イタリアでの胆石手術体験談(2010~2011年) の続きです。

<3.手術前の検査 麻酔医との面談>
2010年7月 手術待ちのリストに載せてもらってから約4か月後。病院から連絡があり、麻酔医との面談に行った。意外と呼び出しが早かったなという印象だったものの、その後何カ月も音沙汰なし。

待っている間に子宮筋腫が悪化して、8月末にそちらを先に手術することになってしまった。退院してからは、こんどはいつ次の手術に呼ばれるかと思って電話が鳴るたびにビクビクしていた。

※麻酔医との面談で聞かれたこと
姓名どっちが名字か / 入れ歯をしているか
心臓など大きな病気をしたか / 過去にした手術は
薬にアレルギーがあるか / 体重   など

<4.手術の順番が回ってくるも延期してもらう >
2010年11月 ついに病院から電話があり、
「あなたの手術の準備ができました。」と言われる。しかし、

「前回の手術から間がなく、心の準備ができていないので
もうちょっと先にしてもらえませんか?」
と聞くと

「わかりました。でも長くは待てませんよ。」との返事。

やれやれ ダメならもう一度振り出しに戻って最初から手術待ちの手続きをする覚悟でいたので助かった。

「すぐ終わるのだからやってもらえば良かったのに」
と近所の奥さんに言われたけど、
また入院して家族に迷惑をかけるのも気持ち的に負担だったし、
この頃は気力もなかったらしくメモも残っていない。
e0275785_1855279.jpg
<5.手術前の検査(2度目)手術同意のサイン>
2011年1月 日本に帰国し戻って来て数日経った頃、2度目の呼び出し
があり、ひどかった時差ぼけがふきとんだ。

7月に一度やった手術前の血液検査、心電図などはもう一度やり直し。
外科医と面談して手術日も決定。同意書類にサインをした。

採血の時、看護師さんが「りんごは持ってきた?」と聞くので 

ええ何!? りんご=メーラ と聞こえたのだけれど、
静脈 =ヴェーナ と言ったらしい。

「(採血のための)静脈は持ってきた?」
「持ってきたも何も、ほらここにありまんがな」
と腕を差し出すべきところ、

いよいよ手術かとビクビクしている私は「なんでここでリンゴ?」
びっくりしてしまい。「ああ冗談だったんですね トホホホホ」
と言うしかなかった。

この後、手術の前日午後7時に二の腕か腿に自分で注射するように、
と抗血栓薬を渡され、からだをよく洗い、へその穴を綿棒できれいにすること、などの説明を受けて帰宅。

続く

◇関連記事◇
渡伊直前に胆石が見つかったら?  胆石体験1
そう言われれば痛かった  胆石体験2
家庭医に手術をすすめられる  胆石体験3
手術当日 胆石体験5
退院と「マイジュエリー」 胆石体験6

退院後の検診 胆石体験7

ご訪問ありがとう
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村     人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-27 19:12 | イタリアで胆石手術
パイナップルのピッツア さらに邪道な食べ方
e0275785_6234276.jpg











何故かたまにパイナップルが乗ったピッツアが食べたくなりますが、
ピッツエリアのメニューになかなか無いのです。

一度見つけて注文した時、ピッツアハワイはどなたのですか?!」と大きい声で言いながら持って来たので「私の!」と言ったら、一緒に行ったイタリア人らに一斉に白い目で見られました。(これホント)

この人たちにとってやはりピッツアにパイナップルは邪道なんだろうなあと実感したものです。わたしゃメニューにあるものを注文しただけなんですけどね~~。

e0275785_6235516.jpg









これは宅配ピッツアなので、家で誰にも文句を言われずに食べられますが、ふと横をみると、

e0275785_624027.jpg









夫はさらにぶどうを乗せている!
イタリア人のくせにこんな食べ方していいのか!

e0275785_6301098.jpg









これと一緒に甘いチェリービールを飲むの?
うえぇぇぇ などといいつつ。
好きなもの食べて飲んでもらったらいいですが...
糖尿になったりしないかな?
e0275785_6301272.jpg









気になったラベルのアップ。
まさか中身はオ*ッコじゃないでしょうね~。

※メモ 家にあった宅配ピッツアのメニューを調査した結果14店中パイナップルを使ったピッツアがメニューにあるのは1店のみ。

e0275785_6234544.jpg









なお、パイナップルはピッツアと一緒に窯で焼かれたのがいいのであって、自分でパイナップルを乗せるんじゃだめなの?と思うかもしれませんが、ダメです。それこそ邪道!(←どうでもええわ)



ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村     人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-26 06:41 | 料理とおやつ・キッチン
家庭医に手術をすすめられる  胆石体験3
e0275785_103827.jpg
イタリアでの胆石手術体験談(2010~2011年) の続きです。

手術までは大体こんな日程でした。「受けよう」と決めてから
子宮筋腫が悪化して先にそちらの手術をしたため、その分時間が
かかっています。

1.家庭医に手術をすすめられる。   (2010年2月) 

2.外科医との面談 手術待ちリストに  (3月) 

3.手術前の検査 麻酔医との面談    (7月)

‐.子宮筋腫手術            (8月末)

4.手術の順番が回ってくるも延期してもらう (11月)

5.手術前の検査(2度目)手術同意のサイン (2011年1月)

6.入院・手術  (検査の6日後) 

7.退院  (手術の翌日)

8.手術10日後の検診 



今日は1.と2を書きます

e0275785_104084.jpg

<1.家庭医に手術を勧められる>
毎年日本で検査を受けていたため、イタリアの家庭医ロッシ先生には胆石のことは話していなかった。

乳がん手術後に撮った腹部エコーを見て、初めて私が胆石持ちだと知った先生は、

「悪くなってから手術するのは危険」
との意見で、

「今のうちに手術した方が良い」と言われた。

確かに胆のう炎や胆管炎、胆道系のがんなど名前だけでも恐ろしい
病気になる可能性があって、できればそれは避けたい。

先生の気が変わらないうちにもらった方が良いと考え
外科医の診察を受けるための書類ricetta medicaをもらった。

というのも以前、自分で乳がんの疑いを持ってマンモグラフィーをしたいと言ったら書類を出すのを渋られた経験があったため、
イタリア乳がん体験 -2- 検査のための書類をもらうのに...

とはいえ、さしあたって痛みもないため、また病院へ行くのはいかにも気がすすまず、しばらく診察の予約もせずにいた。

そんなある日、背中の右側だけが痛み、ピキーンと頭まで痛くなってしまった。我慢できない痛さではなく、1日で治まったけど、この痛さは胆石のせいで、手術を受けろというサインに違いないと思い、決心をすることができた。


<2.外科医との面談 手術リストにのせてもらう >

希望する病院の外科医に診てもらえることになった。腹部エコーを持参して、質問に答えたりした後、手術を希望していることを確認し、順番待ちのリストに載せてもらった。

あっさりと済んだけど、急いでやる必要がないため、優先順位の後の方になる。実際にいつ呼ばれるかはわからない。

続く

◇関連記事◇
渡伊直前に胆石が見つかったら?  胆石体験1
そう言われれば痛かった  胆石体験2
手術をしばらく延期してもらう  胆石体験4
手術当日 胆石体験5
退院と「マイジュエリー」 胆石体験6

退院後の検診 胆石体験7

ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村     人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-25 01:20 | イタリアで胆石手術
日本に住むイタリア人のブログ 
e0275785_5174479.jpg









金曜日に出た雑誌に
東京に住むイタリア人がアイロニーを交えて書くブログ

が紹介されていたのを見て、夫がさっそく読み始め...
...笑ってるけど 面白いの?
どうも 特に通勤電車のことなどに興味がある様子。

NHKの「サラリーマンNEO」も気に入ってずっと見ていたので、
「日本のサラリーマンの世界」が不思議でたまらないんじゃないかと
思いますが。

紹介されたブログはこれです。
e0275785_517554.jpg

Il fantastico mondo di SirDiC vietato ai puri di cuore
(SirDicの素晴らしい世界



イタリア語で書かれているので「読めないじゃん」と言う方は
イラストだけを集めているページがあるのでご覧ください。
何となく内容が想像できますね(?)


「人前で鼻をかむこと」が行儀の悪いことだったり、
会社で社員が掃除をすることに驚いたり。。。

日本や日本人に興味のあるイタリア人には面白いかも。
日本人が読むと「こんなことが?」と思うかもしれませんが

イタリアに住む日本人としては色々戸惑った経験をブログに書くわけですからその逆ですね...

日本で暮らすイタリア人にとって驚くことは多いだろうなあとは想像できます。と今では人前で平気で鼻をかんでいる私が言っています。
(なんか変な日本語だな。)

※記事名 WEB BAR: UN ITALIANO A TOKYO, CON IRONIAで
Il Venerdì di Repubblica (2012年 9/21) に紹介されていました。
本人は掲載されるのを知らされていなかったみたいです。



ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村     人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-24 05:35 | イタリア・イタリア人
そう言われれば痛かった  胆石体験2
e0275785_13595468.jpg
私の胆石は痛く無かったと前回書きましたが、よくよく思い出して
みると 「あれがそうだったのかな」と言うこともありました。

思い当たるフシ(1)

日本に居る頃、会社で昼食をとった後 急にお腹が痛くなり立っていられない状態になったことがありました。すぐに内科や婦人科に行かされましたがその頃には痛みが治まっていて

「昼飯何食ったんすか?」と食べすぎみたいに若い医師に言われ、
結局原因わからず。今思えばあれが胆石の痛みだったんでしょう。

時代劇でよく、女性が「急にさしこみが...」と言うシーンがありますが
あんな感じです。うずくまるしかない痛み。イテテテ

e0275785_13595613.jpg




思い当たるフシ(2)

背中もなんとなく痛かったんですよね

会社帰りにどうにも痛くて地下鉄乗り場の手前でしばし休憩。
冷え性なのでクーラーのせいかと思ったけど、
家に帰って熱いお風呂に入っても治らず 痛いと思いながら
何とか寝たら、翌朝には治ってました。
今思えばこれも胆石のしわざだったのでは。

この頃は石がまだ小さくて動いたので痛かったのかもれしれない。
その後、胆石は胆のうが一杯になるほど大きくなってしまって動かないため、痛くないのだ。と説明を受けました。


思い当たるフシ(3)

胆石ができるのはコレステロールが原因である場合が多いと聞いて、
当時外食が多かったし、残業してカツ丼食べたり、ハンバーガーや中華料理...などなど理想的な食生活ではなかったので、
このせいでできたんだよ。なんて思ってました。

皆さまもお気をつけ下さい。
「女性」「アラフォー」「油っこいもの好き」は特に!

※しかし、結局出て来た私の石は黒い色で
コレステロールが原因ではなかった模様。あらら???

次回からイタリアでの手術について書く予定です

◇関連記事◇
渡伊直前に胆石が見つかったら?  胆石体験1
家庭医に手術をすすめられる  胆石体験3
手術をしばらく延期してもらう  胆石体験4
手術当日 胆石体験5
退院と「マイジュエリー」 胆石体験6

退院後の検診 胆石体験7


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村     人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-23 00:02 | イタリアで胆石手術
シジュウカラの子供かな -イタリアの野鳥-
e0275785_0583451.jpg
これは...
どうもジジュウカラの幼鳥ではないかと思うのだけど...

この鳥の名前を見つけたくて画像をたよりに色々調べてみましたが、
なかなか見つかりませんでした。
子供だと親と同じ色にまだなっていないのでさらに難しい。

カラ類って他にもヒガラ、ヤマガラ、コガラ などもいて、
もうわカラんっ!

などといいつつ、見つかると嬉しい。間違っていたこともありますが。(ハハハ)→間違えて書いた黄色い鳥の記事

上の写真は何年か前にイタリア トリエステ で撮りました。
私がイタリアで出会った鳥たちってほんの少しだけど、

↓ここを見るとこんなにたくさんの種類の鳥たちが居るんですね。

イタリアで繁殖する鳥の写真一覧(Wikipedia)e0275785_14203.jpg





Galleria di immagini di uccelli nidificanti in Italia


というわけで、「見たことない鳥かも」と思うと急いでこれを取りに行き、
窓やベランダから見ているんですが...

e0275785_1101070.jpg








住宅地でこんなことをやっていて「のぞき」と間違われていないか
ちょっと心配だったりします。


◇関連記事◇
e0275785_6473865.jpg e0275785_3494552.jpg



ほのぼのクロウタドリ
珍鳥?ヤツガシラとワインのラベル


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村     人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-22 01:46 | 鳥 とり
渡伊直前に胆石が見つかったら?  胆石体験1
e0275785_4525123.jpg
ビザを取り、イタリアに数カ月行くつもりだった頃。
直前に人間ドックを受診したら 胆石が見つかった! 

これが10年以上前の話で、去年ようやく手術しました。
(腹腔鏡手術で入院は1泊のみ。)

「異常なし」というお墨付きをもらい、安心して出発するつもりが
検査結果に「再検査が必要です」と書いた「お手紙」が入ってた!

当時30代で、そんな経験初めてなのでショックで1日寝込みました。

しかし、再検査の出来る病院の一覧表も一緒に入っていて、
すぐに診察を受けられました。今思えば 何と効率が良いのでしょう。

痛みは無かったし、食事も「中華料理など油っこいものを続けて
食べたりしなければ 普通で良い。」  と言われ、

薬が必要なわけでもなく本当にそれでいいのかと思いながら
とりあえず、胆のうや胆石はイタリア語で何というのか調べ、
こんな本を買ってスーツケースに入れ、予定通り出発!!
e0275785_457643.jpg

その後、年1回日本でエコー検査を受けていました。
(数年後にはCTスキャンの検査に変更)

毎年診てくれた医師は
「機会があれば手術するといいのですがねぇ。
私の母も90歳を過ぎてから手術してうまく行きましたよ。」


と言ってくれましたが、痛くないものをわざわざ手術して取るのは
恐ろしいのでそのままにしてました。

結局切ったのは見つかってから12年後。
イタリアで3回目の手術となりました。

日本でも万一胆のうが「がん化」していないか見る為に
エコーからCTスキャンに変更すると言われたため、
不安がなかったわけではなし。

イタリアでもファミリードクターに勧められたこともあり
とうとう手術を決意しました。


◇関連記事◇
そう言われれば痛かった  胆石体験2
家庭医に手術をすすめられる  胆石体験3
手術をしばらく延期してもらう  胆石体験4
手術当日 胆石体験5
退院と「マイジュエリー」 胆石体験6

退院後の検診 胆石体験7



人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-21 05:05 | イタリアで胆石手術
イタリア人が苦手なキウイとは?
e0275785_2422050.jpg












フィレンツェ郊外で「キウイの木」を発見! 
こういうふうに実がなるんですね。

これを見たら、イタリア人が「キウイ」の発音が
苦手なことを思い出しました。

e0275785_2422446.jpg











Chi vuole quei kiwi ? (あのキウイを欲しいのは誰?)
キ ヴォーレ クエイ キウイ ?

とても言いにくそうですが、愛らしいこの方。うふふ。


入れ歯出そうになったわよ~ なんて言われてもニコニコ

どうも早口言葉のようですね。 
この発音、日本人なら楽勝かと思うのですが、
あらら..4~5回続けて言うとあやしくなってきます。

おまけにもう一つ Li vuoi quei kiwi ?
リ ヴォイ クウェイ キウイ(君はあのキウイ欲しい?) ※注

をひとりずつ交代で言っていますが 皆さんなかなか苦戦してます。



うーんでもこれ中高年だけかな?苦手なの?
さらなる調査が必要かも?

e0275785_2423176.jpg











ちなみにこの木は有機栽培の畑のもので、直販もしているようでした。
このキウイを欲しいのは誰?


※注 
Li vuoi quei kiwi ? Quale kiwi? Quei Kiwi !!
というロングバージョンでした。 こりゃ言えんわ!




人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-20 02:52
約束の時間より早く来るイタリア人
e0275785_4412291.jpg
イタリア人は約束の時間に「遅れて来る」のが常識...
かもしれませんが意外と早めに来る人もいるのでご注意。
e0275785_4414055.jpg
ピッツエリアで。遅れてくる人たちを待っているところ。
水を飲みおしゃべりしながら...

ここまで車に乗せてくれたコーラス仲間のカルロは
いつも早めに行きたがるため、約束の時間の30分も前に到着。

けっきょく最後の人たちは30分遅れて来たため、
いやはや、合計1時間待ちましたとさ。
e0275785_4414310.jpg
     待ち切れずビールを飲み始めるキアラ

でもこれは予想されていたこと。わかっていても、
もと営業マンのカルロ、時間厳守は仕事がら身についてます。

集合して車で出かける場合、5分前には必ず来ていて、
2分前になると「他の人がまだ来ない」とソワソワ。
まだ時間になってないよー。

若い子が遅れて来たりすると車の中でいつまでも「来るのが遅い」
と文句を言い続けるのが玉にキズですが、

人を待たせない心がけはリッパ!

ところがこの人、帰るのはいちばん遅い。
そこに居る女性全員にハグ、さよならの挨拶をして、
さらにおしゃべりしないと気が済まないため。
e0275785_4474240.jpg
その間、またまた待たされる私は
「早く帰って寝る」ことだけ考えてます。

彼らの「思う存分時間を無駄に使うエネルギー」
とでもいうのか、これには感心します。

そうか、おしゃべりの時間がたっぷりあると思えば
無駄じゃないんでしょうね。

などといいつつ、この日、ピッツアにありついたのは夜の10時。
早めに行くのは賛成だけど、なるべく早く帰るとか...
もうちょっとなんとかならんのーー!?




人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-09-19 04:54 | イタリア・イタリア人

フィレンツェちゅうねん生活サバイバル~ できるのか?日常&病院体験/ ふぃのな
by hpopone
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
ウォーキング
音楽 うた ゴスペル
暮らし
鳥 とり
動物 植物 自然
イタリア・イタリア人
長寿・お年寄り
フィレンツェ&近隣
料理とおやつ・キッチン
家族
実家
イタリアの医療(フィレンツェ)
健康・体調
イタリア乳がん体験
イタリア子宮全摘手術
イタリアで胆石手術
コルトーナ2012 8月
生き方
最新の記事
ウォーキングで新聞に載りました
at 2015-05-05 23:22
クリーニングは気長に?
at 2014-11-03 16:55
自家製オリーブオイル今年はナシ
at 2014-11-02 02:49
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
at 2014-10-31 23:48
あと5年間マンモグラフィーの..
at 2014-10-29 01:57
夏時間終了で時差ぼけ?
at 2014-10-28 07:38
「世界一醜い」と言われた女性..
at 2014-10-27 23:32
中国人街に行ってみた
at 2014-10-25 00:05
以前の記事
2015年 05月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル

" grey frame" Skin
by Animal Skin