<   2012年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
村の夏祭り 巨大ピッツエリア
e0275785_0283041.jpg
フィレンツェからカレンザーノCalenzano方面へ向かうとこんな感じ。
オリーブ畑が見えます。途中で車のエアコンを切って窓を開けると
セミの鳴き声が聞こえていました。
e0275785_028503.jpg
丘の上の教会
e0275785_029574.jpg
45分ほどでLegriレーグリ村に到着。車がいっぱい止まってるけど、ここで何があるの?
e0275785_0294173.jpg
体育館のような巨大ピッツエリア。ここで40年も続く「夏祭り」の一部です。
混むと聞いて早めに来ました。
e0275785_0301021.jpg
焼きあがると、ぶら下がったマイクで番号を呼び知らせてくれます。
e0275785_0303421.jpg
早く焼いて~❤ 子供の頃、たこ焼きが焼けるのをこうして待っていたっけ...
e0275785_031378.jpg
おお~薪だ。これが6台もありました。
e0275785_0313254.jpg
生地をうす~く伸ばしたピッツア
e0275785_032233.jpg
好みでオリーブオイルやペペロンチーノをかける。
真ん中のはペペロンチーノ入りオイル。
ちょろっとかけると美味しいけど、食べてから気づいた~。
e0275785_0352113.jpg
いつのまにか人でいっぱい。
e0275785_033158.jpg
積み上げられた皿。どんどん焼きます。
e0275785_0352257.jpg
私のはこれ。先日の食べすぎを反省して一部残しちゃった。

この日は5人中2人がパスタも注文してたけど、
「ピッツアだけだと足りない」という強迫観念みたいなのがあるのでは?
なーんていつも思います。結局残しちゃうのにね。



人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
e0275785_037133.jpg
お祭りの名前は直訳すると「民主党祭り」。政治の話をする場所も設けられてはいますが、
残りは食事をするところやゲームなどで、市民に親しまれています。
フィレンツェでも毎年やっていますが、レーグリでこのお祭りをやっていたことは夫も知らなかったそうで、
今年初めて行ってみた、というわけでした。
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-31 00:42 | フィレンツェ&近隣
失くした!? 戻った!! クレジットカード
e0275785_05355.jpg
ちょっと恥ずかしい話です。

今朝、ネットからプリペイド式携帯電話の料金を補充するように夫に頼まれた。
本人はクレジットカードが嫌いで1枚も持ちません。

私は航空会社のカードを使っていて、機会があればこうして
代わりに払って少しでもマイルを貯めようというわけです。

ところが、いざ支払の手続きをしようと思ったら
あらぁ~~財布にカードが入っていない!!!!

すぐに、昨日行ったスーパーの自動支払いレジに忘れたと思いあたる。

自動だけどクレジットカードで払う時のみ、店の人の確認が必要で、
普段ならサインした後、カードは係の人が手渡してくれるのだけど、

昨日の人はペンで書いている間にどこかへ行ってしまい、
そのまま私は買った商品をバッグに詰めたりしていて
カードのことは忘れてしまったに違いない。

うわ~~~なんてバカなんやろう!!

それから丸1日経ってしまっているので、「もし悪用されていたらどうしよう」
と思ったら「ぞ~~~~~っ」として、
まずはカードをブロックするための番号にかけてみることにした。

生年月日などを聞かれた後、私が本人であると確認されたけれど、
担当の女性は
「一度カードをブロックすると取り消しはできませんよ。
最後に使われたのはいつですか?
まずその後カードが使用されたかどうか調べましょう」
と言って

すぐに、他人に使われた様子がないことが分かった。
ああ、それなら期待が持てる!

「失くした場所の心あたりはあるのですぐに行ってみます。」とお礼を言いつつ
電話を置き、こんどは昨日行ったスーパーへダッシュ。(実際はせいぜい早歩き)

サービスカウンターでカードを置き忘れたことを話すと、
係の人は引き出しを開け、
輪ゴムでとめられた何十枚というカード類を2束も出して来た。

「あらぁ~忘れるの私だけじゃないんですね!!」と言うと
「お仲間はこんなに居ますよ~」と言いながら、
すぐに私のカードをみつけてくれた。

ありがたや~~~~。身分証明書を見せて受け取り、一件落着!

あってよかったわ~~~~。
担当してくれた女性が2人とも親切でテキパキしていたのもありがたかった。
失くした本人は恥ずかしいやら、恐ろしいやら、自分の馬鹿さにへこんでもいました。

あ、でもここで、落ち込んじゃいけない、と考えなおすことしばし。
ただでさえ、気持ちが沈みがちになるお年頃なのだから~

ここはひとつ、カードが戻ってきたことに感謝しよう。
イタリア「なのに」こんなに早く問題が解決したとはすばらしい!!

それに、盗難にそなえてカード番号や、カードをブロックする
電話番号をちゃんと控えていた自分をほめてあげよう。

ビバ!イタリア! そして ビバ!自分!! ふ~う。やれやれ。

それにつけても、カウンターに保管されていたあのカード類の束...
どこで失くしたかも忘れちゃった人がたくさん居るということかな?
なーんだ じゃあ私の方がマシだな026.gif
e0275785_05155.jpg
これがセルフサービスの自動支払いレジ。次回からは気をつけますわよ。



人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-29 00:17 | 暮らし
イタリア人は失業中もヴァカンスに行くの?
e0275785_7112085.jpg
その昔、8月にガルダランド(遊園地)に行ったときの話。

アトラクションの司会者がお客さんを何人か舞台に呼んでインタビュー。
「お名前は?どちらから来られましたか?お仕事は?」 なんて聞いてました

ここで最初に上がった人が

「アントニオです。失業中です!」 と答えてニコニコ。

次の人も 「マリオです。僕も失業中!」

「あらぁ~では次の方に聞いてみましょう!」 と女性に聞くと、

今度は 「ラウラ。会社員です!」 などと答えて、司会者さんも

「3人目は仕事があって良かったですね~」

なんて言って、そのあとクイズをやっていました。

いやぁ~これ驚きました。
失業中でも夏休みで遊園地に来ちゃうんだ。
それに、みんなの前で堂々と、笑って言えるんだ。

まあ2人めの人はシャレでそう言ったのかもしれない...
なんて思ったりもしましたがねぇ~。

これが、5~6年前の話なんですが、
今はこういう人らも笑ってはいられないかも?
e0275785_712872.jpg
将来のイタリア人のバカンス像はこれですって。
e0275785_7125474.jpg
モンティ首相のおかげで2012年のヴァカンスはこれ!

なんていう画像も回ってきましたが、これはこれで
バカバカしくて楽しそうですが....
(見えにくいかもしれませんが、トラックの荷台です)

こういう時でもイタリアの皆さまには工夫して楽しく過ごしてもらいたいものです。
クーラーのない家が多かったのだから、夏にまとめて休みをとってリフレッシュするって
なるほど必要だなって実感してます。普段は祝日だって少ないですしね。

そういう自分はどうなのかというと、多分どこにも行かず
その代わり日本からイタリアに来る人たちに会えるはずです。
20年以上会っていないので激太りの私を見て驚くだろうな~。
e0275785_7153643.jpg
ガルダランドにて。イルカは仕事してました。
e0275785_7154267.jpg
Buone Vacanze 良い夏休みを!


人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-27 07:21 | イタリア・イタリア人
入院こぼれ話 - 看護師(女性編2) 失言 -
e0275785_3115348.jpg
2年前に入院した時の話です

午後から交代でやってきた看護師さん。

「トイレは行きましたか?医師からの指示ですからね、
起きて、歩くようにして下さいね。水を飲んでね。」


とていねいに言われたので好感をもつ。

私の向いのベッドにいた奥さんは86才。足を骨折したため、
友達と毎日1時間ウォーキングしてたのに できなくなったそう。

「婚約者は27才の時に死に、夫は36才の時に亡くなった。
その後は両親の世話だった。私の人生はめちゃくちゃ。」


...なんて言うので、私も身の上話をして、
「私も子供いないんですよ」 などと言っていると、

このタイミングでやってきた看護師さんが、
「今からでも遅くないですよ。いくつなの?」 とおっしゃる。

一瞬迷ったけど、

「えーっと、昨日子宮摘出手術したので無理です。」
 と返事したら、

「スクージ!!(すみません)」
 なんてね、顔色変わってました。

これはイタリア人としては最大限のお詫びの言葉なので、逆に気の毒なようでありました。
私もホントの事言わなくてもよかったかな、なんて。

但し、例えば《まだ30代で子供を産むつもりだったのにやむなく手術した》という状況だったら、
軽く首でも絞めてたかも...なんて物騒な。そんなことしませんが...
まあ怒って新聞の読者欄に投書ぐらいしたかもしれません。047.gif

担当してる患者が何で入院しているのか覚えていて欲しいものだ、とも思ったけど、
まあ話の流れってやつで、彼女もつい言ってしまったんでしょうね。

それにしても、きっと子供が作れるぐらいの年にみられてるんだろうなぁ~と思ってたら、
86才の患者さんが

「えっ、そんな年なの?私はまた30才ぐらいかと思ってたわ」

と言うのでコケました。この年代から見たら30~50才ぐらいは「誤差」か?ははは。

...さらにこの後、トイレで歯を磨いていると、見舞客らしき女性が親しげに、

「こちらには、長く住んでらっしゃるの?ご主人はイタリア人?お子さんは? 」


なんて話しかけてくるんだけど、歯ブラシが口の中に入っている状態では
こっちは首を振るぐらいしかできないので、

「いらっしゃらないの?まあ養子をもらうこともできますしね...」

と自分で話をまとめてにこやかに去って行った。

なんというか...イタリア人って無邪気だなあというのが私の感想。

こちらも図太さで応戦するっきゃない??



数日後、失言看護師さんは何故か一人の患者さんに対して、
「痛み止めを今ごろくれって、さっき1時間も私ここに居たのに、なんでその時言わないんですか!」
「目がぜんぜん見えないと言ってたのに、どうして薬がなくなってると分かるんですか!」


と声をあげているので、別のナースもやってきて
「立ち上がったらだめでしょう !」 なんて一緒になって怒ったりして

どうやら不機嫌が伝染しちゃったみたい。これが夜の10時から11時ごろまで続き
このキレ具合、この方更年期では?と疑った。わけもなく腹がたったりするもんね。
看護師さんだって人間だ。なーんて自分が怒られたわけじゃないのでのんきに考えた。

それにつけても、いちいちこういうことに腹が立たないということは?どういうわけでしょ。
性格かそれとも年齢のせいか? 
そうだとしたら年をとるってこともそんなに悪いもんでもないかもしれませんね。



人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-26 03:19 | イタリア子宮全摘手術
カムットのピッツア
e0275785_4472326.jpg
先日、ピッツアを食べに行ったら、
カムットKamutを使った生地があるというので注文してみましたよ。
e0275785_4474240.jpg
出て来たのがこれ。アーティチョークのピッツア。
見た目は普通と変りなく・・・
食べてみるとパリッとしていたような気もしますが、
何しろ初めて行った所なので、普通の生地と比べてどうとか
はっきりした違いは分からない。気持ちの問題かな?

Kamutとは「古代小麦」だそうで、これで作った生地は「軽い」と聞いたので
パンを焼いたことはあったのですが、こうしてお店で提供しているとは知りませんでした。
ミネラル・ビタミンEも豊富とか?

以前は粉も自然食品の青空市や専門の店にしか売っていませんでしたが
最近は大型スーパーでも売っていますね。少しずつこういう食材も広まっているようです。
普通の小麦粉と比べるとかなり高いですが。

このお店ではメニューで好きなピッツアを選び、「カムット生地で!」
と注文すればOKで値段も同じでした。

お店のサイトにも載っていました。
Kamutの他にも色々入っているようですね。
消化に良く、普通の生地に比べてポリフェノールも多いとか?

あまりこう色々書かれると、ほんまかいな?と思ってしまいますがね~
などといいつつ、久しぶりにKamut粉でパンを作ってみようかな?

それにつけても、イタリアに来た当初はピッツア1枚、とても食べ切れなかったのに、
今では平気で全部食べられるようになってる方が問題か...




人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-25 04:50 | 料理とおやつ・キッチン
入院こぼれ話-看護師(女性編1)こわい-
e0275785_0454438.jpg
診察用のベッドを整えているところ

看護師さんて、ありがたいことに陽気な人が多かったですよ。
手術室でも「私と誕生日一緒ね~」なんて話しかけて来るし、
日本語で「こんにちはー」と言いながら入ってきたり、
患者さんと雑談したりしてました。

ナースコールのスイッチを下に落としてしまった時、
体格の良い看護師さんが拾ってくれたけど、
立ち上がった時にベッドと壁の間にはさまって出られなくなったことがあり、
その姿はなんとも可愛らしかったですよ。


そんな中、こんな方もおられましたので書いてみます。
(トイレの話も出ますのでご注意)

※ ※ ※

手術をした翌日、椅子に座らされ、この姿勢で大丈夫か聞かれたのだけど
初めて起き上がったため自分でもわからず「う~~~~ん」と言っていると、

「大丈夫なの?イエスかノーか!!??」と大きい声で言われ、

しばらくしたら 吐きそうというか 座っていられず、ナースコールして寝かせてもらった。

下を向くとだめで、上を見るようにすれば良かったらしいけど、
そんなこと教えてくれなかったもんね。次の日他の看護師さんが教えてくれて分かった。


翌日...
朝、洗顔のために洗面器にお湯を入れて持って来てくれると、

患者みんなで顔を見合わせて「水だわね...」

まだ寒い時期でないから水でええわ、って感じですかね。

その後 婦人科医の診察のあと、大事な部分を洗ってくれた時もびっくりするほど冷たい水で
この看護師は鬼か!...ってメモに書いてました。

よく見ていると、この人は「下の世話」は大声で外国人の看護師さんを呼び、
ぜんぶ彼女にやらせているらしかった。

しかし、呼ばれた方は気にする風でもなく、
「私60歳なのよ~若く見えるでしょ~」などといいながら、

便をチェック!して「えらいわ~」とほめ、お尻まで洗ってくれた。 
もちろんお湯を使ってくれて、「熱すぎる?」などと聞いてくれる。
なんとも、恐い方の看護師の埋め合わせをしてお釣りがくるぐらいの方でした。

この後、背中のチューブを外して下さいと頼んでおいたら、
「私がやるからね~」と大声でいいながら鬼がどこかへ行ってしまったので
「どうか忘れてくれますように」とベッドの上で祈ったのは言うまでもありません。

実際やってもらうとチューブは簡単に外れて、恐いと思う暇もなかったですけどね。

などといいつつ、恐いけれど、そんなに嫌な感じでなかったのは何故だろう。
見た目は悪くなく、美人と言ってもいい。
陰湿な感じはなく、みんなに「平等に」鬼だったから??

他の患者さんからも特に文句は出なかったし、イタリアならこういうキャラクター
もありということかな?



人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-24 00:50 | イタリアの医療(フィレンツェ)
理想のトイレ表示
この間...とあるトイレに行って手を洗おうとしたら、若いお兄ちゃんがいてニッコリ。
ここ女子専用なんだけどね~と思いつつ、私もニッコリ。
e0275785_0481698.jpg
奥に男子用もあるんだけど、この小さな表示じゃわからなくて入って来ちゃうんでしょうね。
e0275785_048485.jpg
ほーら、良く見ると女子。でも、私の理想としては・・・
e0275785_049958.jpg
・・・これぐらい大きく書いといてもらいたいもんです。
シャルル・ドゴール空港にて。

空港と比べるなって??はっはっはっ。




人気ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-23 00:51 | 暮らし
咲いてみないとわからない
e0275785_0455889.jpg
わが家のサボテンだち...つぼみがビヨーンと伸びてきて...
e0275785_0462689.jpg
咲きました。これはまあ、普通です。
e0275785_0465085.jpg
しかし...このつぼみが...
e0275785_0471677.jpg
ほおずきのように膨らんで??開くと...?
e0275785_15364931.jpg

うわぁぁ!インパクト大!!!
Orbea variegataギュウカク(牛角)、star flowerとも言うそうですが
ピンク色がお嬢さんとしたら、こっちはヒョウ柄が好きな大阪のおばちゃん風??
ああ驚いた。
e0275785_0483079.jpg
次はこのブロッコリーみたいなつぼみがどうなるか待っている所です。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村へ
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-22 00:52 | 動物 植物 自然
おなじみのストライキ
e0275785_1432250.jpg
まいどおなじみショーぺロSCIOPERO でございます。
ストのため普通電車が運休または遅れるというお知らせ

昨日は4時間のストがあると分かっていたけれど、
こんなときに限って市内に用事があったりするものです

トラムがストの間バスは走っているらしいので
帰りにバス停で待っていると、来たのは乗客ですし詰め。
イタリア風に言うとオイルサーデンの缶詰状態。うわーこりゃアカン。

これ以上炎天下で待っていられないと思ってあっさりあきらめ、タクシーで帰宅。
意外にも待つことなく乗れて、路線バスを4-5台追い抜き、
バスの運転手が降りてきてお客さんとワーワー言ってるシーンも見えた。

それに比べりゃタクシーは快適で無事帰り着きました。
窓全開でエアコンなしだったけどね!!

おかげで家庭医との面談に間に合った。今日行っておかないと来週から
先生はバカンスで留守なので なんとかセーフ!!

しかし 足のむくみの検査は「もうちょっと様子を見ましょう」と言われてしまった。
おお~久しぶりにやられた!検査をしぶる医師!
それなら急いで来ることも無かったけど、おかげでしばらく病院には行かなくて良いので
こちらも夏休みといたしますか!!
e0275785_144795.jpg
暑いとこ~んな感じ
雨が降って涼しくなるという話だったけど
夜中に降った様子もないですねぇ~
Give me water!! 水をくれ~と言いたくなりますね。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村へ
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-21 14:05 | 暮らし
乳がん関連記事 ◆まとめ◆
 1. 乳がんかも!?検査予約!!
 2. 検査のための書類をもらうのに...
 3. マンモグラフィーとエコー検査
 4. 再検査 手術決定
 5. 手術前の面談、検査
 6. いよいよ手術?まだですか?
 7. 手術本番 よく寝た?
 8. 手術翌日 退院 夫は待ちぼうけ
 9. 手術前の準備 パジャマは入れたのか?
10. 退院後..胸がしぼんで?検査結果は?
11. がんセンターへ 治療方法決まる
12. 放射線治療 いつ始まっていつ終わる?
13. 放射線治療 タンクトップで、それとも...
14. 手術・放射線治療後の体の調子は?
15. 薬について...どこまでが副作用?
16. フォローアップ 手術後の検診
17. 丸3年経った

◆  ドラゴン・レディを見に行く! 2012/4/30
◆  「りんご」と「なし」の体験談   2012/5/6
◆  マンモグラフィー ありゃ結果は一ヶ月後?  2012/5/12
◆   オッサン女医? 胸部エコー検査終了  2012/5/25
◆  がぶ飲みしてエコー検査  2012/6/6
◆  最近むくんできた理由  2012/6/25
◆  「いんたびゅー」に協力したはなし  2012/10/10
◆  ピンクに染まった白い巨人  2012/10/19
◆  エコー検査 実質値上げ  2013/6/19
◆  マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(1) 2013/6/20
◆  マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(2) 2013/6/21



e0275785_16114353.jpg
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-20 21:41 | イタリア乳がん体験

フィレンツェちゅうねん生活サバイバル~ できるのか?日常&病院体験/ ふぃのな
by hpopone
カテゴリ
プロフィール
ウォーキング
音楽 うた ゴスペル
暮らし
鳥 とり
動物 植物 自然
イタリア・イタリア人
長寿・お年寄り
フィレンツェ&近隣
料理とおやつ・キッチン
家族
実家
イタリアの医療(フィレンツェ)
健康・体調
イタリア乳がん体験
イタリア子宮全摘手術
イタリアで胆石手術
コルトーナ2012 8月
生き方
最新の記事
ウォーキングで新聞に載りました
at 2015-05-05 23:22
クリーニングは気長に?
at 2014-11-03 16:55
自家製オリーブオイル今年はナシ
at 2014-11-02 02:49
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
at 2014-10-31 23:48
あと5年間マンモグラフィーの..
at 2014-10-29 01:57
夏時間終了で時差ぼけ?
at 2014-10-28 07:38
「世界一醜い」と言われた女性..
at 2014-10-27 23:32
中国人街に行ってみた
at 2014-10-25 00:05
以前の記事
2015年 05月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル

" grey frame" Skin
by Animal Skin