カテゴリ:イタリア乳がん体験( 34 )
Top▲ |
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
e0275785_23142471.jpg
ピンクリボン月間である10月も
きょうで最終日となってしまいました

そこで先月ですが例年通り参加したがんウォーク
CORRI LA VITA について書いておきます

12年目となったこのイベント、ミニマラソンやウォーキング
で集まった参加費で乳がん研究や患者をサポートする
のが目的 おそろいのTシャツ、今年はグレーでした

混雑を避けるために家を早く出たらまだ広場は
閑散としておりました

e0275785_23222598.jpg
せっかく早く来たのだからと
普段は人だかりで見えないスターターを見ようと
前の方でじっと待ちました

この方ははフィオレンティーナで
長く活躍したサッカー選手の
ジャンカルロ・アントニョーニ

3.2.1... と数えている所です

e0275785_23225157.jpg
その前にこのイベントの主催者などが登場して
参加者への感謝などを述べていましたが

真ん中の女性が手にしているのは「1番」のゼッケン

「これを 今乳がんと闘っているすべての女性に捧げます」

と言うのを聞き ちょっとジーンときましたが
去年まではスタート前にこういう話をしているとは
全く知りませんでした

e0275785_233688.jpg
さて年々参加者が増え今年は3万2千人だった
そうですが

今年は特にコースの中で狭い道も多く
ウォーキングするつもりで行ったら人の渋滞で
歩けなくてストレスがたまると思います

もうTシャツだけもらって家に帰ろうかと思う
ほどですが夫が毎年楽しみにしているようなので
何とか付き合っております

e0275785_2343093.jpg
歩きは午前中で終わり、午後は
参加者の特典として美術館にタダで入れる
というので並んでいる所

ピカソ展をやっていて結局2時間ほど待ちました
これが一番疲れました ハイ

e0275785_23452649.jpg
来年も参加できるかな?




ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2014-10-31 23:48 | イタリア乳がん体験
あと5年間マンモグラフィーの費用免除ですか
e0275785_1512100.jpg
乳がんの手術をして5年が過ぎました

そこで「医療費一部免除」の申請に行ってきました
今後5年間無料でマンモグラフィーが受けられます
 
乳がんと診断された後5年間は医療費ほぼ全額免除
だったのですから何と太っ腹な制度!

ただし検査の予約などがなかなか取れないため
すぐに診てもらえる私立の施設で結局は自費でやる事
も多かったし、5年の間にレントゲン代など一部負担
を求められるようになるなどの変化もありました
政府の医療費カットのためですね

申請窓口の係の人は

「あなたは更新なのですぐにPCで書類を出しますからね」

と言って、私が持参した診断書も保険証も見なかった
けど、いいんですかね~本人確認しなくて

「今から5年経ってこの書類の期限がすぎたら
どういう手続きをしたらいいんですか」

と聞いてみると

「5年の間に制度が変わるかも知れないからその時に
また聞いて下さい」

と笑いながら言われ、全くその通りなので
有難く書類を頂戴してそのまま帰りました

今回の医療費免除「更新」もコーラス仲間が教えて
くれなければ知らずに有料でマンモグラフィーを
受けていたかもしれません

イタリアって制度やら手続きやら親切に説明されてる
ことって少ないので経験者が何人も身近に居て色々
聞けると言うことはありがたいと思いましたハイ

さて、次にマンモグラフィーの予約をしないといけませんが
これがまた一仕事 やれやれ



ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2014-10-29 01:57 | イタリア乳がん体験
乗りそこなったドラゴンボート
e0275785_183152.jpg
9月のことですが、ドラゴンレディーのイベントがあり
行ってきました

ドラゴンレディーとは、乳がん手術経験者からなる
ドラゴンボートのチーム 一度練習を見に行ったことがありました

e0275785_1853611.jpg
この日は一般の人もこのボートを体験できるチャンスでした

e0275785_1862549.jpg
ライフベストを着てみなさん乗ってますね

e0275785_1835386.jpg
先頭にある太鼓のリズムに合わせて漕ぎます

e0275785_1882148.jpg
しばらく行くと櫓をもちあげて
皆で「イエ~イ!!」

せっかっくの機会なので私も次の順番を待ってみたのですが
あいにく時間切れで乗れませんでした

他にも待っている人たちが居たのでドラゴンレディたちは
「もう1回行くわよ!」と言ってくれたのですが

こういうイベントで事故などがないようにサポートする
係の人達が「時間延長はできません」と言うので
やむなくあきらめました

残念でしたがホッとしたのも事実

いやいや 乗るのがちょっと恐かったんですよ~
まあ次に機会があればまたね

e0275785_18433.jpg
今回は練習の時には見られなかったドラゴンの頭を見られた
だけで満足

e0275785_1813427.jpg
尻尾もちゃんとあります

e0275785_18141811.jpg
お隣では小物をを売るコーナーがあり
こういう小さなことでも活動資金になるのでしょうね

e0275785_18192041.jpg
お花のコーナーでくじを引いたら大当たり
カランコエとベゴニアをもらって帰りました


ドラゴンレディについては以前にもう少し詳しく書いています
ドラゴン・レディを見に行く!

乳がんと子宮全摘出と手術が続き
近くでこの人達を見たいと思いながら

やっと行けたのが最初の手術から3年近くも経って
いたのだなぁと思うと感慨ぶかいです



ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2014-10-17 18:29 | イタリア乳がん体験
10月ピンク月間~っ
e0275785_1343083.jpg
ハードロックカフェを通りかかったらウインドウにこの
「ピンクリボンTシャツ」がありました

そういや10月はピンクリボン月間だった!と店内で手に取っ
て見て、う~む 着るとしたらウォーキングの時だけど

いかにもギャル向けのデザインなので
たぶん着ないだろうなと買わずに元に戻しました

乳がんの早期発見・早期治療を広く知ってもらうための運動の
一環として世界中のハードロックカフェでこのTシャツが売られ
ているそうですが

日本みたいにギターの形のピンとかあれば買ったかな~?
興味のある方はこちらのリンクからどうぞ

ハードロックカフェ ジャパン
http://hardrockjapan.com/event/2067/



10月中はブログもピンク色にしときましょ


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2014-10-09 01:43 | イタリア乳がん体験
6か月ぶりの検診がこんなにスムーズに!
e0275785_252567.jpg
今日は病院でした。乳がん手術を受けた病院での
6か月ごとの検診

電話で予約をした時、以前とやり方が変わったらしく

「必要書類は?ないんですか?しかたないですねぇ。
今回はこちらで用意します」とややキツめに言われ

「前回の受診は半年前だったんだから私が新しいやり方
知ってるわけないじゃん」と思いつつも

「ありがとうございま~す」と言って電話を切りました。

そのため、今日は受付でまた「書類が足りない」とかなんとか
文句を言われるんじゃないかと思いながら早めに行きました。

e0275785_25268.jpg
予約を受け付けた部所と診察する場所は別なので担当者同志の
連絡がちゃんと行き届かない事もありがちだ、
と経験上思ったわけです。

しかし、意外なことに、今日の受付担当の男性はめずらしく
キビキビしたタイプ。

私の話を聞いて一瞬「ウーン?」という顔になりましたが

「コンピューターで確認しますから」

と言ってすぐに私の予約を見つけてくれ

「大丈夫ですよ、診察室の前で待っていてください」

とあっさり終わり。

しかも!「チャオ!」まで言ってくれた。

(と、ブログに書くほどめずらしい)

予約時間の5分前には呼ばれて中に入れて
今回は私の心配はまったくハズレでした。
こんなこともあるものだ!!
e0275785_253353.jpg
その代わり、後で予約センターに回って婦人科の検診の予約を
しようとしたら、

「この病院ではもう外来の検診は受け付けてません」

と言われてしまった。

ひょええぇぇぇぇ なんでぇ~

以前にこの病院での手術にたどりつくまでに、あちこち行かされた
ことを思いだし、

「自費で払って医師を指名するやり方だと診てもらえるんですか?」
と聞くと

「こことは窓口が別だしねぇ。あなたはまだ医療費免除中なんだから
他の場所を予約してあげますよ」ということで

結局またまた未知の場所で検診を受けることになりました。

これまでどんな手術を受けて 今何の薬を飲んでいるとか
最初からまた説明しないといけない。

どうか良い医師にあたりますように。まあ9月の予約なので
まだ先の話ですけどね。

検診の内容には下の方に書いておきましたので興味のある方は
お読みください。


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング



今日の検診の内容は
血液検査、エコー、マンモグラフィーを持参して見せ
体調はどうか等と聞かれた後に触診を受けて終了。
次回は半年後で血液検査のみ持ってくればOK

丸4年近くお世話になっている先生なので私も慣れていて
「日焼けされましたね」と言うと
「山に行ってきてね、焼けたのは上の方だけよ」
といつも明るい女医さんです。

検査結果は良かったけれど、体重が前回より1キロ増えていたので

「そういえば顔が丸くなったみたいですね。まだ若いのだからね、
歩いてくださいよ」と言われる

「ちょっとバカな質問かもしれませんが」と私があることを聞くと

「バカな質問なんて存在しません。どんなことでも疑問があったら
聞いてくださいよ」とも言われ

この先生に当たって本当にありがたかったなあ
e0275785_252983.jpg
と思いながら、終わるとホッとしてしまい
病院の出口あたりでハチを追いかけまわし、
予約するのを忘れてそのまま帰りそうになっちゃった。
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-07-03 02:15 | イタリア乳がん体験
マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(2)
e0275785_1673920.jpg
ご近所のラベンダーに止まる蝶が羽根をパタパタ。
わー1枚だけ撮れたわ!!

 ↓ ここより 5月に自費で受けたマンモグラフィーの記録 続きです

2009年に手術したのと同じ左側にわきの下から時に背中側までピリピリと痛い時があり、検査当日にはしこりらしきものを見つけたので

「検査のあと1カ月後ぐらいに手術か...」
「今度は乳房全部摘出かもしれない」
「最悪、身辺整理の時間ぐらいあるだろう」
なんてことを考えました

でも以前の手術後放射線治療もうけたのに
また出来るなんて?まあ半信半疑といったところ

マンモグラフィーは痛いけど、他の検査と違って絶食しなくて良いのがいい所。と自分をなぐさめながら検査に向かいました

何しろすぐに検査の予約が取れて、しかも手術をした時も、去年も診てくれた先生に受診することがわかっているのだし

「あの先生笑わないのよね~」なんて患者さんには言われているが
私としては信頼している女医さんです

さて、行ってみると予約をまちがえて来たのではと思う程待合室はガラガラ。通常なら番号が点滅したり録音した音声で呼び出されるのに、
この日は女医さん直々に奥から出てきて

「あなたの番ですよ。以前にお会いしましたっけ?」と言いながら
にっこりとして握手を求められ、一瞬「これがあの先生かいな?」
と目を疑いました。

なーんとこれがLibera Professione(自費での受診)の威力か??
この制度で受診すると直接先生の収入アップになるんだろうなということが想像できました。

いよいよ診察ですが通常と違い看護師は居ず、先生ひとりですべて行われました。

マンモも技師でなく先生がやるんですか?へぇ~ イテテ! 先生 !
スイッチ押したら早く戻って来て~挟まれた胸が痛い~!!

その後エコー。ここが肝心なんだけど、この検査でやはり、わきの下のしこりが確認されました。そうそう、これを見つけてもらわなくては困る。

「リンパ線が腫れているようですね。ここに炎症が起きるような何か心あたりは?問題無いと思うけど念のため検査しておきますか?」

と言われその場で針で組織を一部取り検査に回してもらうことにしました。

「別の日に検査することもできますが今やりますか?」と先生は2度確認したのだけれど、これは「今やるとこっちも実費ですよ」という意味。

しかし別の日にまた予約をとって どれくらい待つのかと思うと今すぐやってもらうに限る。針を刺されるのは痛いかと思ったけど大丈夫でありました。まあこの検査も初めてじゃないしねと強がってみる。

経験上、「検査結果が出るまでには日数がかかるものでしょうね?」
と聞いてみると「いえ、4日ほどで結果が出ますよ」とのことでこれまた驚きました。

会計ではやはり用意してきた金額では足りないわ~なんて言っていると「ここでの支払はBANCOMATのみです」との事。これデビットカードのことですが持っていない人はどうするのかというと、ここで用紙をもらい郵便局などで振り込む仕組みだそうで面倒ですね。

私はめったに使わないけど念のために持っていたカードで暗証番号も忘れずにいて良かった良かった。金額は円で言うと何万?とすごかったけど。

実際に1週間もしないうちに携帯に

「検査は陰性でしたからね、いつでも結果を取りにきて下さい。」

と先生からじきじきに電話があり、「良かった」と「ほんまかいな」が入り混じった気持ち。ああでもやっぱり良かった。

言われた通り受取に行くと待合室は検査待ちの女性で超満員。これが普通なのだなぁと改めて思いながら受付に行くと、検査結果をもらう時間帯は別に設けられていて私はみごとにはずして行ってしまったことに気づきました。

「出直して来い」と言われるかと思ったけど時間をかけてここまで来たのだし

「先生からいつでも取りに来るように連絡いただいたんですけど」と恐るおそる言ってみると、その場であっさり結果をもらえたのでした。

去年のマンモグラフィーは結果と診断書をもらうのに1カ月待たされたことを思うと、はぁ~最後までVIP扱いなんだと感心。

建物を出る前に、マンモグラフィー(レントゲン)のフィルム、エコー、
組織検査の結果がすべて診断書に書かれているか確認して...
これでおしまい。

その後ピリピリとした痛みは??自然におさまったらしく
私の何百ユーロと一緒にどこかへ行ったみたい。


関連記事
◆  マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(1) 2013/6/20
◆  マンモグラフィー ありゃ結果は一ヶ月後?  2012/5/12
◆   オッサン女医? 胸部エコー検査終了  2012/5/25
◆  乳がん関連記事 ◆まとめ◆




ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-21 16:14 | イタリア乳がん体験
マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(1)
e0275785_1635572.jpg
5月に受けたマンモグラフィーの話です

結果としてすべて陰性で今回もクリアできたのですが
去年との違いは自費でやったため

・予約がすぐにとれた

・あまり笑わない医師がニッコリした

・診断書もすぐにもらえた

ということで エコノミーとビジネスの違いとでも言いましょうか
(ビジネスクラスにはまだ乗ったことがないので想像です)

かなり快適かつスムーズでした。そのかわり費用はもう~
言えないぐらい払いました


↓この先はその時の記録です


予約が取れずにいたら、左胸がなんとチクチク痛みだし

「また来たか!?」 と思った

1日も早く検査を受けようと思って今回は自費でやることにしました
リーベラ・プロフェッシオーネLibera Professione というのがそれで

いつも行く病院の2Fに受付窓口があるのを知り、さっそく行くと
すぐに予約がとれました。来週すぐに受けられるとは...
通常の予約とはなんという違い!

毎回マンモグラフィーを受けるのはispoという機関ですが 
受付担当者の女性は良く知らなかったらしく

最初は「ここは扱ってません」みたいな返事だったけど、
幸い隣に居た男性職員がよく知っていて一々教えてくれて助かった。

ここでは担当の医師を指定して予約するため、去年やった検査結果の書類を見て「○○先生でお願いします!」ということができました。

費用を聞くとウーンと唸りたくなるような金額だったけど、なんとか払うさ。それよりこのいやな感じの胸のチクチクが悪いものなのかどうなのか見てもらわなくては。すぐに!

それにしても、前回手術した時は5ミリの大きさのしこりを自分で触って見つけたのに、痛むぐらいの癌なら当然触ってわかるはず?なのに見つからない。手術跡のでこぼこがじゃまでわからないのだろうか?

そう思って何度も触ってみるうちに、痛みのもとは脇の下、つまりリンパ節のあたりだとわかった。ついにそこに小さなしこりらしきものを自分で確認できたのは検査当日の朝でした。

それもまた、「アンジェリナー・ジョリーが乳がんになる前に乳房を切除した」というニュースを見たばかりのタイミングで、なんとも複雑な気持ちで検査の日を迎えたのでありました。


長くなったので続きはまた明日にします



関連記事
◆  マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(2)
◆  マンモグラフィー ありゃ結果は一ヶ月後?  2012/5/12
◆   オッサン女医? 胸部エコー検査終了  2012/5/25
◆   乳がん関連記事 ◆まとめ◆



ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-20 16:40 | イタリア乳がん体験
放射線科でのチェック
e0275785_17182486.jpg
久しぶりに書きます
定期的に受ける乳がん手術後の検診の話です

放射線治療を受けた後フォローしてもらっていた検査機関が
他の機関に統合されて市内最大の病院「カレッジ」の近くになったと
連絡があり、行ってきました。めったに行かない場所で
気が重いな~と思っていると

そこは看護師をしている近所の奥さんが長年働いている場所だとわかり、最短で行けるバスを教えてもらって行ってきました。
e0275785_17171615.jpg
これがカレッジ病院 ここからさらに10分ぐらい歩いていくと
e0275785_17302483.jpg
いきなり丘を登っていく感じで心細く思いながら上がっていきました
受付で聞くと放射線科はまた別の建物だよ~と言われ
敷地内の坂を下り...
e0275785_17171214.jpg
やっとたどり着いたのがここ やれやれ 
e0275785_1717769.jpg
内部はこんな感じ 
受付を済ませても予約時間より30分も早く着いてしまったけど、窓口で患者さんが並んでいたり、前の人がやたら時間がかかったりすることもあるのでこういう所には早めに行くようにしています。

事前に受けておいたマンモグラフィー、腹部エコー、血液検査などの書類を出し、医師に「体調はどうですか?」などと聞かれたあと、触診。胸やわきの下、首筋などに手をふれてしこりがないかチェックされます。そのあと「口をあけて深く呼吸して」と言われ聴診器でのチェックなど

検査結果も特に問題がないとのことで、次回は9カ月後に来るようにと言われ終了。以前はその場で次の予約をしてくれけれど、こちらの機関ではもうちょっと先にならないと予約の受付ができないとのことで、忘れないようにしなければ。
e0275785_17562084.jpg
建物から出ると雨が降っていて、傘をさしつつ
敷地内のあじさいをパチリ。

久しぶりに書くのに面白くもない話題で恐縮ですが誰かの役に立つこともあるかもしれないと思ってこういう検査の話も書きますね。「誰か」って結局私自身が忘れないようにというのが一番大きいかもしれませんけどね~~

長いこと書けなかったのでブログランキングも外そうかとも思いましたが、まあしばらくこのままにしておきます。

ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-12 18:00 | イタリア乳がん体験
乳がん検診ぶじ終了
e0275785_1751718.jpg
いつも行く病院 こちらは新しく作られた方できれい

日本から戻ってきて、今回はかなりへたばっていたのですが
久しぶりの検診に行けてホッといたしました。

2009年に乳がんの手術を受けているのでその後だいたい
半年ごとに病院内のがんセンターで検診を受けています。

どうせ待たされるだろうと思って予約時間きっちりに行ったら
「今日はM先生は別の病棟で診察されています」と言われ、
あわてて移動して、そこでまた受付に並んでいると
向こうから先生が歩いてきて、

「もう来られないのかと思って帰るところでしたよ」
なんて言われ、あぶないあぶない。
下手したら診察してもらえなかったかもしれない。

今この病院では古い病棟と新しい病棟の利用でややこしいことに
なっているらしく、M先生も曜日によって診察する場所が変わって
しまったとのこと。

最近の身体の調子はどうか、色々聞かれたあと、足のむくみは無くなっているので、問題があるとしたら体重が増えたことなので、先生もカルテに私が今何キロか書きこみ

「次回はどうなっているか見ましょうね」
ということになりました。持参した血液検査は問題なし。

この途中で、先生は「あの作家 なんと言うのムラカミ?
『海辺のカフカ』を読んで気に入ったので、あなたが診察にきたら
ぜひそのことを言おうと思っていたんですよ~」と話されたのですが、

あらーこの本読んでいないなー と思いつつ
いい加減に返事をしてしまったけど

「先生、彼はそのうちノーベル賞をとりますよ」
ぐらい言えばよかった。 余談ですけど。フフフ

...その後、上半身裸になって触診を受けて終了。

次回の検診までに、マンモグラフィー、血液検査を受けるようにとの事。

「私の場合、マンモグラフィーだけでは結果が見えにくいと検査機関で言われています」
と主張して 胸部エコーを受けるための書類ももらったし、

婦人科に関しても残った卵巣にまたのう胞ができるかもというのが不安な点なのでそれも話すと
「腹部エコーを受けることにしましょう」ともう一枚書類を書いてもらって
よっしゃ、これでひとまず安心です。

これらの検査の予約がうまく取れるかどうかはこれまた別の話。
e0275785_1751491.jpg
病院内にあるコーヒーの自動販売機で
チョコレート入りカプチーノを飲み終わったら
底の方に溶け切れなかった砂糖がドローリ溜まってました
どんだけ甘いものを飲ませるのだイタリア~~
と思いながら帰ってきました。


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-01-29 17:10 | イタリア乳がん体験
ピンクに染まった白い巨人
e0275785_1738257.jpg
ピンクリボンキャンペーンのためにライトアップされた「白い巨人」Bianconeと呼ばれる彫刻です(18日 フィレンツェ シニョーリア広場 )
e0275785_17383494.jpg
乳がんについての知識を広め
検診の早期受診を推進するのが目的です
e0275785_17381312.jpg
あらら 思ったより小さいですか?
東京タワーやスカイツリーと比べちゃだめですよ。

町自体がこじんまりしていますからね。これでいいのです。
一人でも多くの女性を乳がんから守ろうという気持ちは同じ。

それにしても、このピンクのライトアップ。写しにくいのなんの~
などと言いつつ。すべての女性のご健康をお祈りしています。


ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村     人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-10-19 17:43 | イタリア乳がん体験

フィレンツェちゅうねん生活サバイバル~ できるのか?日常&病院体験/ ふぃのな
by hpopone
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
ウォーキング
音楽 うた ゴスペル
暮らし
鳥 とり
動物 植物 自然
イタリア・イタリア人
長寿・お年寄り
フィレンツェ&近隣
料理とおやつ・キッチン
家族
実家
イタリアの医療(フィレンツェ)
健康・体調
イタリア乳がん体験
イタリア子宮全摘手術
イタリアで胆石手術
コルトーナ2012 8月
生き方
最新の記事
ウォーキングで新聞に載りました
at 2015-05-05 23:22
クリーニングは気長に?
at 2014-11-03 16:55
自家製オリーブオイル今年はナシ
at 2014-11-02 02:49
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
at 2014-10-31 23:48
あと5年間マンモグラフィーの..
at 2014-10-29 01:57
夏時間終了で時差ぼけ?
at 2014-10-28 07:38
「世界一醜い」と言われた女性..
at 2014-10-27 23:32
中国人街に行ってみた
at 2014-10-25 00:05
以前の記事
2015年 05月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル

" grey frame" Skin
by Animal Skin