マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(2)
e0275785_1673920.jpg
ご近所のラベンダーに止まる蝶が羽根をパタパタ。
わー1枚だけ撮れたわ!!

 ↓ ここより 5月に自費で受けたマンモグラフィーの記録 続きです

2009年に手術したのと同じ左側にわきの下から時に背中側までピリピリと痛い時があり、検査当日にはしこりらしきものを見つけたので

「検査のあと1カ月後ぐらいに手術か...」
「今度は乳房全部摘出かもしれない」
「最悪、身辺整理の時間ぐらいあるだろう」
なんてことを考えました

でも以前の手術後放射線治療もうけたのに
また出来るなんて?まあ半信半疑といったところ

マンモグラフィーは痛いけど、他の検査と違って絶食しなくて良いのがいい所。と自分をなぐさめながら検査に向かいました

何しろすぐに検査の予約が取れて、しかも手術をした時も、去年も診てくれた先生に受診することがわかっているのだし

「あの先生笑わないのよね~」なんて患者さんには言われているが
私としては信頼している女医さんです

さて、行ってみると予約をまちがえて来たのではと思う程待合室はガラガラ。通常なら番号が点滅したり録音した音声で呼び出されるのに、
この日は女医さん直々に奥から出てきて

「あなたの番ですよ。以前にお会いしましたっけ?」と言いながら
にっこりとして握手を求められ、一瞬「これがあの先生かいな?」
と目を疑いました。

なーんとこれがLibera Professione(自費での受診)の威力か??
この制度で受診すると直接先生の収入アップになるんだろうなということが想像できました。

いよいよ診察ですが通常と違い看護師は居ず、先生ひとりですべて行われました。

マンモも技師でなく先生がやるんですか?へぇ~ イテテ! 先生 !
スイッチ押したら早く戻って来て~挟まれた胸が痛い~!!

その後エコー。ここが肝心なんだけど、この検査でやはり、わきの下のしこりが確認されました。そうそう、これを見つけてもらわなくては困る。

「リンパ線が腫れているようですね。ここに炎症が起きるような何か心あたりは?問題無いと思うけど念のため検査しておきますか?」

と言われその場で針で組織を一部取り検査に回してもらうことにしました。

「別の日に検査することもできますが今やりますか?」と先生は2度確認したのだけれど、これは「今やるとこっちも実費ですよ」という意味。

しかし別の日にまた予約をとって どれくらい待つのかと思うと今すぐやってもらうに限る。針を刺されるのは痛いかと思ったけど大丈夫でありました。まあこの検査も初めてじゃないしねと強がってみる。

経験上、「検査結果が出るまでには日数がかかるものでしょうね?」
と聞いてみると「いえ、4日ほどで結果が出ますよ」とのことでこれまた驚きました。

会計ではやはり用意してきた金額では足りないわ~なんて言っていると「ここでの支払はBANCOMATのみです」との事。これデビットカードのことですが持っていない人はどうするのかというと、ここで用紙をもらい郵便局などで振り込む仕組みだそうで面倒ですね。

私はめったに使わないけど念のために持っていたカードで暗証番号も忘れずにいて良かった良かった。金額は円で言うと何万?とすごかったけど。

実際に1週間もしないうちに携帯に

「検査は陰性でしたからね、いつでも結果を取りにきて下さい。」

と先生からじきじきに電話があり、「良かった」と「ほんまかいな」が入り混じった気持ち。ああでもやっぱり良かった。

言われた通り受取に行くと待合室は検査待ちの女性で超満員。これが普通なのだなぁと改めて思いながら受付に行くと、検査結果をもらう時間帯は別に設けられていて私はみごとにはずして行ってしまったことに気づきました。

「出直して来い」と言われるかと思ったけど時間をかけてここまで来たのだし

「先生からいつでも取りに来るように連絡いただいたんですけど」と恐るおそる言ってみると、その場であっさり結果をもらえたのでした。

去年のマンモグラフィーは結果と診断書をもらうのに1カ月待たされたことを思うと、はぁ~最後までVIP扱いなんだと感心。

建物を出る前に、マンモグラフィー(レントゲン)のフィルム、エコー、
組織検査の結果がすべて診断書に書かれているか確認して...
これでおしまい。

その後ピリピリとした痛みは??自然におさまったらしく
私の何百ユーロと一緒にどこかへ行ったみたい。


関連記事
◆  マンモグラフィー 笑う女医 Libera Professione(1) 2013/6/20
◆  マンモグラフィー ありゃ結果は一ヶ月後?  2012/5/12
◆   オッサン女医? 胸部エコー検査終了  2012/5/25
◆  乳がん関連記事 ◆まとめ◆




ご訪問ありがとう ↓ クリックしてね ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村人気ブログランキング
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2013-06-21 16:14 | イタリア乳がん体験

フィレンツェちゅうねん生活サバイバル~ できるのか?日常&病院体験/ ふぃのな
by hpopone
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
ウォーキング
音楽 うた ゴスペル
暮らし
鳥 とり
動物 植物 自然
イタリア・イタリア人
長寿・お年寄り
フィレンツェ&近隣
料理とおやつ・キッチン
家族
実家
イタリアの医療(フィレンツェ)
健康・体調
イタリア乳がん体験
イタリア子宮全摘手術
イタリアで胆石手術
コルトーナ2012 8月
生き方
最新の記事
ウォーキングで新聞に載りました
at 2015-05-05 23:22
クリーニングは気長に?
at 2014-11-03 16:55
自家製オリーブオイル今年はナシ
at 2014-11-02 02:49
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
at 2014-10-31 23:48
あと5年間マンモグラフィーの..
at 2014-10-29 01:57
夏時間終了で時差ぼけ?
at 2014-10-28 07:38
「世界一醜い」と言われた女性..
at 2014-10-27 23:32
中国人街に行ってみた
at 2014-10-25 00:05
以前の記事
2015年 05月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル

" grey frame" Skin
by Animal Skin