イタリア乳がん体験 -17- 丸3年経った
e0275785_2325835.jpg
先日、2か所で受けているフォローアップ検査を受けてきました。
2009年6月に手術したので、丸3年経ったことになります。

1.放射線治療を受けた機関
行ってみると当日受診する患者のリストに私の名前がないと言う??
どういうわけかコンピューターから消えてしまったらしい。

私が予約日時を印刷した紙を見せると、向こうのミスなのは明らかなので、
受付をして診察してもらえることになった。

以前は4階で診察していたのに、1階に変っていた。ここはしょっちゅう
こういう変更がある。

医師は初めて見る顔。カルテを読み上げながら確認し マンモグラフィーと
血液検査の結果をチェックしてくれる。その後、問診のあと触診。
胸だけでなく首筋や腋の下、お腹のわきも押さえて診ていた。

手術後3年経ち、これまでも問題がみつからなかったので次回は9カ月後の診察となった。

「これからは検査の間隔が開くので毎月自分で触診してくださいね。」とも言われた。
フォローアップ検診は5年間なのでその後は自分で気をつけるしかないのだなあと思う。


2.手術を受けた病院のがんセンター

検診の内容は1とほぼ同じだけど、ここは毎回M医師が担当と決まっている。
椅子に座ったとたん、「太られましたか?」と言われる。その通り。

「薬のせいも多少あるかもしれないが、更年期になると太りやすく、
やせにくくなるので気をつけるように。運動して水をたくさん飲むようにしてください。」

「ははっつ」

食欲はあるか、 尿や便通は普通か、前回の診察以降変ったことはないか、などと
いつもの質問が続く。

触診の時に足のむくみも見てくれた。

「右足の方が太いですね?」

そう言われれば? 自分では左の方がむくんでいるように感じたのだけど?

これについては専門の検査を薦める と一筆書いてくれた。

「その結果によってはタモキシフェンの服用をやめることも考えましょう」と言われ、

うーむ せっかく3年間飲み続けてきたので、ここでやめたくはない気持ち。
まあ検査の結果が出てから考えよう。

ここでは6ヶ月後にまた診てくれることになり喜ぶ。
しかし、腹部エコーはもうしなくて良いと判断されたようだった。

次回までにやる血液検査用の書類をもらい、終わってやれやれ、と病院内のバールに行って
クリーム入りのブリオッシュを頼んでしまってから、

今さっき体重に気をつけるように言われたばっかりなのを思い出した。
ほっとすると甘い物を食べたくなる、まずこの習慣をやめなきゃ。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村へ
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-07-19 23:06 | イタリア乳がん体験

フィレンツェちゅうねん生活サバイバル~ できるのか?日常&病院体験/ ふぃのな
by hpopone
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
ウォーキング
音楽 うた ゴスペル
暮らし
鳥 とり
動物 植物 自然
イタリア・イタリア人
長寿・お年寄り
フィレンツェ&近隣
料理とおやつ・キッチン
家族
実家
イタリアの医療(フィレンツェ)
健康・体調
イタリア乳がん体験
イタリア子宮全摘手術
イタリアで胆石手術
コルトーナ2012 8月
生き方
最新の記事
ウォーキングで新聞に載りました
at 2015-05-05 23:22
クリーニングは気長に?
at 2014-11-03 16:55
自家製オリーブオイル今年はナシ
at 2014-11-02 02:49
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
at 2014-10-31 23:48
あと5年間マンモグラフィーの..
at 2014-10-29 01:57
夏時間終了で時差ぼけ?
at 2014-10-28 07:38
「世界一醜い」と言われた女性..
at 2014-10-27 23:32
中国人街に行ってみた
at 2014-10-25 00:05
以前の記事
2015年 05月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル

" grey frame" Skin
by Animal Skin