イタリア乳がん体験 -6- いよいよ手術?まだですか?
e0275785_347369.jpg











「トレガッリ」病院入口。
右手の建物が古い病棟。新しくきれいな玄関が出来ていてびっくり。現在も増築中。
OSPEDALE SAN GIOVANNI DI DIO (TORREGALLI)

2009年6月
さて、いよいよ手術日の連絡がありました。しかし、その翌日、「担当のビアンキ先生がこのスケジュールでは無理と判断され、数日後に延期します。」との連絡が入りました。まさかのフェイント!!しかも、「もう1つ他の検査を受けてもらわないといけないので、もう一度病院に来てもらえますか?」とのこと。これで、手術前に5回も病院に通ったことになります。

こういうことがあると、仕事を持っている人は大変でしょうね。幸い(?)私は無職ですので職場に休みをもらったり、失業を心配する必要がありませんでした。夫も「逆に無職で良かったな」と言ってくれました。

もう一つの検査とは、カレッジという他の病院でしかできないので、手術当日そちらで検査を受けた後、当病院まで来てください。と説明がありました。検査は朝8時。「それが終わって何時までにこっちの病院に入ればいいのですか?」と聞くと、「終わり次第来て下さい。」とはなんとアバウトな...うーむ。

------------------------------------
2009年6月16日

いよいよ、手術当日。カレッジ病院での検査。フィレンツェで一番大きな病院で、何科がどこにあるかもよくわかりません。夫が前日に私が検査で行くべき建物を下見してくれていました。夫の車で早めに行き、7時半に受付を済ませて8時に検査。
Linfoscinitigrafiaリンフォシンチグラフィア(リンパ節シンチグラム=リンパ節の位置を調べるための検査)

「この後手術なので、検査結果はすぐもらえるんでしょうね」などと看護師さんに念を押したりしました。2つの病院の間にはちょっと距離があるので、忘れたからといってすぐに持って来てもらえないし...イタリア人がハイハイと言っても忘れることがよくあるので心配でした。

午前10時前にトレガッリに到着。6Fの外科で受付。
またしても、普段服用している薬の名前、一日何錠飲むのか、職業、最終学歴、身長、一日何時間寝るのかなど聞かれました。
次に病室に入り、ロッカーに荷物などを置きます。2人部屋でした。ここで夫は仕事へ向かいました。

看護師さんが「ワキの無駄毛は処理しましたか?」と聞かれました。「ハイハイ。」
その後もまた聞いてくるので腕を上げてホラホラと見せて上げたら納得されました。
私の手術は何時ぐらいになるのか尋ねても誰にも分からないようでした。

持っていった文庫本を読みながら呼ばれるのを待っていると、隣のベッドの患者さんが手術を終わって運ばれてきました。看護師さんが身体をふいてあげたりして...カーテンがないので丸見えです。手術を終えたばっかりの患者さんを見るのは生まれて初めてで、さすがにちょっとビビりました。

午後2時半ごろついに呼ばれました。眼鏡をはずし、紙みたいなグリーンの患者用手術着を着ました。「ぜんぶ脱ぐんですか?」「ハイ!」と言われ下は全裸。移動用ベッドに乗せられます。このタイミングで、別のスタッフが
「あなたの宗教は何ですか?」と聞いてきます。
「仏教ですけど、何故ですか?」
「輸血をしてはいけないという宗教の方がいるため、その確認です。」なーんだ。
私はまた、万一手術中に死んでしまった時に仏教のやり方で葬式をしてくれるのか?ととっさに思ってしまいました。何しろ生まれて初めて全身麻酔の手術を受けるので、「ちゃんと目が覚めるのかな?」という不安は持ってました。ハイ。

午後になって義母が来てくれていたので、ベッドの上から「行ってきます」と手を振り、
エレベーターで2Fに降ろされると、雰囲気はガラっと変り、ちょっとコワイ感じ。
マグロ解体場のようにも思えました。いよいよ手術室に入ります。



→ イタリア乳がん体験 -7- 手術本番 よく寝た? へ続く


---------------------------------------


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-04-15 03:57 | イタリア乳がん体験 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

フィレンツェちゅうねん生活サバイバル~ できるのか?日常&病院体験/ ふぃのな
by finonow
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
ウォーキング
音楽 うた ゴスペル
暮らし
鳥 とり
動物 植物 自然
イタリア・イタリア人
長寿・お年寄り
フィレンツェ&近隣
料理とおやつ・キッチン
家族
実家
イタリアの医療(フィレンツェ)
健康・体調
イタリア乳がん体験
イタリア子宮全摘手術
イタリアで胆石手術
コルトーナ2012 8月
生き方
最新の記事
せっかく痩せたのに~
at 2017-09-17 20:36
クリーニングは気長に?
at 2014-11-03 16:55
自家製オリーブオイル今年はナシ
at 2014-11-02 02:49
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
at 2014-10-31 23:48
あと5年間マンモグラフィーの..
at 2014-10-29 01:57
夏時間終了で時差ぼけ?
at 2014-10-28 07:38
「世界一醜い」と言われた女性..
at 2014-10-27 23:32
中国人街に行ってみた
at 2014-10-25 00:05
以前の記事
2017年 09月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル

" grey frame" Skin
by Animal Skin