イタリア乳がん体験 -2- 検査のための書類をもらうのに...
乳がんの体験記です 

2009年4月
マンモグラフィーの検査を受けるためには、医師の検査依頼書(ricetta medica)が必要でした。早速ファミリードクター(家庭医)にもらいに行きました。

「胸にしこりがあるようですので、マンモグラフィーを受けたいのですが」と言うと、
「この検査にはあなたは若すぎるのではないですか」との返事。ええ~っ。

「先生、私47才です。日本の知人で私の年齢で乳がんで亡くなられた方もいます」
「しこりがあると言ってもねぇ。私が触ってみるわけにもいかないし..ご家族でがんになった人は居るのですか?」
「乳がんは居ませんが、父も叔父も叔母もがんでした」
「でも乳がんの人は居なかったのですね」とは、検査を受けさせたくないための質問?

ここで、以前にイタリアでうけたマンモグラフィーの結果を見せ、
「先生、ここにも年1回は検査するようにと書いてあります!」というと、ようやく
「それなら話は別です」と言ってやっと書類をくれました。

エコー検査のための書類も頼むと、「エコーが必要なのですかねぇ」みたいな態度でしたがなんとかもらえました。「もう検査の予約もしてあるんです!」などなど必死で(?)頼み、汗かきました。

これ、後で分かったのですが、この医師が悪人というわけではないのです。
日本人の友人も他の医師に同じような対応をとられたと言います。

家に帰ってイタリア人の夫にこのことを話すと、「医療費削減のため、政府が家庭医に検査を減らすように指導しているらしい」ってほんと~?。夫も同じように言われたことがあるらしく、次回からこういう場合は、「家族全員乳がんでした、と言え!」と「指導」してくれました。それにしても検査を受ける前に家庭医とバトルが必要だったとは...

これがその書類(ricetta medica)。
やれやれ。これで検査を受けられます。
e0275785_2191419.jpg



イタリア乳がん体験 -3- マンモグラフィーとエコー検査に続く

------------------------------------------



にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by hpopone | 2012-04-11 15:20 | イタリア乳がん体験

フィレンツェちゅうねん生活サバイバル~ できるのか?日常&病院体験/ ふぃのな
by hpopone
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
ウォーキング
音楽 うた ゴスペル
暮らし
鳥 とり
動物 植物 自然
イタリア・イタリア人
長寿・お年寄り
フィレンツェ&近隣
料理とおやつ・キッチン
家族
実家
イタリアの医療(フィレンツェ)
健康・体調
イタリア乳がん体験
イタリア子宮全摘手術
イタリアで胆石手術
コルトーナ2012 8月
生き方
最新の記事
ウォーキングで新聞に載りました
at 2015-05-05 23:22
クリーニングは気長に?
at 2014-11-03 16:55
自家製オリーブオイル今年はナシ
at 2014-11-02 02:49
ゼッケン「1番」を捧げられたのは
at 2014-10-31 23:48
あと5年間マンモグラフィーの..
at 2014-10-29 01:57
夏時間終了で時差ぼけ?
at 2014-10-28 07:38
「世界一醜い」と言われた女性..
at 2014-10-27 23:32
中国人街に行ってみた
at 2014-10-25 00:05
以前の記事
2015年 05月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル

" grey frame" Skin
by Animal Skin